【拡散希望】Chinaの粉ミルク




人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

Chinaの粉ミルク
Chinaの粉ミルク


時事ドットコムからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
【粉ミルクに女性ホルモン混入?=胸膨らむ赤ちゃん相次ぐ-中国】
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010080900413

【上海時事】
中国で山東省の乳製品メーカー製の粉ミルクを飲んだ赤ちゃんに胸が膨らみ始めるなど早熟現象が相次いで報告され、粉ミルクに女性ホルモンが混入していた疑いが浮上している。

専門家は「乳の出をよくするため乳牛に注射したホルモンが残留していた可能性がある」と指摘しており、乳幼児約30万人に健康被害が出た2008年のメラミン混入に続く汚染ミルク事件に発展するとの観測も出ている。

9日付の中国紙・第一財経日報などが伝えたもので、発端は湖北省武漢市に住む生後4カ月~15カ月の女児3人。

3人の母親が娘の乳房が隆起し始めたのを心配し、市内の病院で相次いで受診したところ、女性ホルモンが大人並みの数値を記録した。

さらに、江西、山東、広東の各省でも乳児3人の女性ホルモン異常が報告されている。

赤ちゃんたちに共通するのは、米ナスダック市場にも上場する国内大手の青島聖元栄養食品が製造した粉ミルクを飲んでいたこと。

しかし同社は7日、「製品にはいかなるホルモンも添加しておらず、安全性には自信を持っている」と声明を発表。9日には疑惑を報じた香港のテレビ局を告訴する方針を示すなど、メディアとの対決姿勢を強めている。

ただ武漢市の女児の母親は、同社側が7月中旬、見舞金として2000元(約2万5000円)を支払う意向を伝えてきたと証言。

また、中国の粉ミルクに対する品質管理基準には、ホルモンが検査項目に含まれておらず、管理体制の盲点になっているとの専門家の指摘も出ている。
(2010/08/09-14:47)
~~~~~~~~~~~~~~~~

あとあとのことなどまるで考えようとせず、ただ牛を早く成長させ、さらに大量に乳を出させようと無責任に、成長ホルモン剤として女性ホルモンを大量に投与する。

その牛から絞った乳で作られた粉ミルクに、女性ホルモン剤が大量に残留し、それを飲んだ赤ちゃんの胸が膨らみ出した。

そしてこれだけの被害を出しておきながら、会社は「我が社の製品の品質には一切問題はない」とウソで強弁する。

無教養で責任感のかけらもなく、ただいま、この瞬間さえよければ、あとは野となれ山となれという、無節操さ。よりよい製品、安全な製品への配慮のカケラもない社会的責任感の欠如。

ウソを言い張れば、なんとでもなるという傲慢さと強欲さ。

これがChina共産党が支配するChinaの姿です。

そのChina、1ヶ月前の7月9日には、汚染粉ミルクのことが報道されたばかりです。

~~~~~~~~~~~~~~~
【汚染粉ミルク、まだ流通=中国】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201007/2010070900339&rel=j&g=int

【北京時事】
9日付中国各紙は、中国の甘粛省や吉林省で有害物質メラミン混入の粉ミルクが見つかったと報じた。

2008年に汚染粉ミルクを飲んだ乳幼児約30万人に健康被害が出て以降、中国政府は地方当局に厳格な取り締まりを指示してきたが、徹底されていないもようだ。

甘粛省で発見されたのは、青海省の「東垣乳製品工場」の製品。河北省の業者から購入した粉ミルクの原料38トンから基準値の500倍を超えるメラミンが検出されたという。

当局は原料調達、販売ルートの徹底解明を進めている。
(時事ドットコム 2010/07/09-11:33)
~~~~~~~~~~~~~~~

ホルモン剤の投与といえば、以前≪日本の農業を守れ!≫という記事に書きましたが、Chinaでは、ウナギの養殖の際に、ウナギの養殖沼に、10cmくらい成長ホルモン剤を敷き詰めて育てている。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-593.html

このために、現地では、6歳の子供にヒゲが生え、奇形児が生まれている。
いまでは、シナの現地の人たちは、絶対に自分たちで作ったモノは食べないのだそうです。

それが続々と日本に輸入され、超肉厚の格安ウナギとして売られている。

ついでにいうと、ウナギの養殖の際に、餌として与えるのが、人の死体。
遺体に対する尊厳という概念のないChinaでは、これが一番、安く手に入る肉で、格安で買ってきた遺体を、養殖池にドボンと放り込むと、その遺体に大量のウナギが群がり、一瞬にして食べつくしてしまう。

成長ホルモン剤と、人肉で、丸々と肥え太ったウナギが、岡田外相の関連スーパーで栄養満点の格安蒲焼として売られ、土用の丑の日に、韓流ドラマに汚染された日本の主婦が、安い安いと、大喜びで買っていく。

一方では、口蹄疫被害で、国産牛肉に壊滅的被害を受けた日本が、同じく口蹄疫のまん延するChina産の、これまた女性ホルモンを大量に混入された牛肉を、格安といって喜んで買う。

ここ数年来、なにやら「安い」ことが素晴らしいことであるかのようにメディアで盛んに宣伝されているけれど、本当にそれだけでいいのだろうかと、疑問に思います。
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

中国人も食べない中国食品



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

十津川 昭和

No title
(8月9日 活動動画)

Dailymotion版
(1/3)原爆投下に時効はない!米国大使館は半旗を掲げよ!
http://www.dailymotion.com/video/xee5my_y1-3yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news
(2/3)原爆投下に時効はない!米国大使館は半旗を掲げよ!
http://www.dailymotion.com/video/xee62r_y2-3yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news
(3/3)原爆投下に時効はない!米国大使館は半旗を掲げよ!
http://www.dailymotion.com/video/xee6gq_y3-3yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news
プレイリスト
http://www.dailymotion.com/video/xee5my_y1-3yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

えいと@

はじめまして

こんにちは。アメリカ在住の者です。
いつもブログを拝見させていただいています。

乳牛や食肉に成長ホルモン剤を投与し、乳牛や食肉の成長を早めて販売するという問題が、私が住むアメリカにも存在します。

「アメリカの乳牛の約30%には成長ホルモンが使用されていると言われています。
乳牛に「rBST」(recombinant bovine Somatotoropin、商品名:ポジラック)という成長ホルモンを投与することで、乳牛の乳腺を発達させ牛乳の生産を増やすことが出来る…というものです。
この成長ホルモンを投与された乳牛からとれた牛乳を長期間継続して飲み続けると、少なからず影響が出ると懸念する声があがっています。

どんな影響が出るのか? 
 子供の成長が促進され体格が大きくなる。
 女の子の場合,乳房が巨大になる場合がある。
 女の子の初潮の時期がはやまる場合がある。
 乳がんなどの癌が発症する場合がある。

懸念されているのは上記の4点ですが、アメリカの牛乳を飲んだからといって絶対に影響が出ると断言するものではありません。
アメリカ政府は「rBST」成長ホルモンとこれらの影響は無関係としています。
欧州においてはこの危険性がゼロではないことを考慮し、成長ホルモンの乳牛への投与を禁止、また成長ホルモン入りの製品の輸入も全面的に禁止しています。
また、アメリカにおいては牛乳だけでなく食肉にも成長ホルモンは含まれているので、どこまで気をつければいいか…という点で難しことではあります。

この成長ホルモンを問題視されている家庭ではオーガニックやrBSTフリーの製品を選ばれているようです。」

http://buffalowiki.staba.jp/?%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%2F%E7%89%9B%E4%B9%B3

中国だけでなくアメリカでもこのようなこと ↑ が行われています。
もちろん、アメリカは中国と違い「毒」になるような食材を平気で販売したりはしませんけどね。
食の安全って、何をどこまで信じていいのか…って思いますね。

   えいと@

うさ

激安スーパーにご用心
うなぎ・・・恐ろしいです。私は高くても国産の物を買うようにしています。安かろう、悪かろうでは命の危険さえ感じます。今日、スーパーで鮮魚売り場にびっくりしましたが、韓国産のきはだマグロの切り身が売っていました(298円)。えっ?以上に安い。だけど、きはだなのに、身は異様に赤いのです。それに、とった場所が太平洋と書かれてました。こんなのはじめてみました。もう、気味が悪いので韓国産と中国産のものは買いたくないです。

ジャギ様

中国は豚肉と豆乳に回帰すべき
 中国は世界最大の小麦生産国ですが、以前にも紹介のあった日本の「農林10号」を母種にした遺伝子組み換え小麦を臆面も無く生産していると思います。
 小麦やトウモロコシの生産で各国の最大の関心事は、収穫前に発生するカビ毒アフトラキシンで、史上最凶の催奇・発癌物質なのだそうです。
 熱で分解されず、汚染農作物を家畜の飼料にすれば生体濃縮され人体に重篤な被害を及ぼすとされます。
 中国は古代より開発過剰国で、人口に対する農業適地が極端に少なく、人為的な薬物汚染以外にも重金属汚染やカビ毒のリスクも高いと考えた方が無難です。
 生態系的にも本来は食用牛や乳牛と決別すべき国なのです。

お達者クラブ

うなぎ!
うなぎの蒲焼はおいしいしとても好きだった。
昨年、ねずきちさんの”死んだ人肉”を餌にするという話を聞くまでは。
或る時、兄から某有名食品会社の幹部になっている親戚から送られてきた”うなぎの蒲焼パック”のうなぎの肉がぐにゃぐにゃになっていて食べる気持ちに成らなかったので全部捨ててしまったという連絡があった。
おそらくシナでパックされたものなのではないかという疑念と即効で太らす養殖うなぎがパック詰めに使われていた可能性だった。
うなぎの蒲焼の美味しさはそれなりの時間をかけて育てた肉の締まったものに限る。
肉が柔らかくておいしいうなぎは危険が一杯という感じがする。
死体を餌にしないまでも抗生物質を多量に与えて育てたうなぎは病気のうなぎです。
確信の持てるお店のうなぎだけに決めている。

-

No title
日本でも安心していられないんですよ。
この問題は身近な所でもあるんです。
例えば、卵。昔の日本では高級品、そして貴重な蛋白源でした。
近年、オートメーション化され、まるで機械のごとく卵を産み続ける可愛そうな鶏たち・・・
その鳥達に与える餌の中には、早く沢山の卵を産める
ための成長促進剤(ホルモン剤)
さらに狭い檻の中で密飼いにされてるため、ストレスで
病気にならないように、あらかじめ抗生物質も混ぜられているのです。
この哀れな鳥達が産んだ卵を食べ続けるとどうなるか?

卵が大好きな小学生1年生の男の子の胸が膨らんできたので
慌てた母親が病院に連れて行ったところ・・・
ホルモン検査をした結果、この中国の事件と同じように大人並の
女性ホルモンが検出されました・・・。

更に恐いのが、抗生物質。

感染症(肺炎など)で病院へ行き、抗生剤を処方されるものの
効かずに亡くなってしまう日本人が近年急増。
その数は年間2万人なんですが、このデータは1997年
なので、今はもっと多いでしょうね。

どうして、抗生物質が効かないか・・・?

普通にスーパー、百貨店で売られている肉類、虫食いすらない、綺麗な野菜類
に入っているからです。

知らない間に日頃から口にしている物の中に入っているんですね。

普段から摂取しているので、抗生剤に対して耐性が
付いてしまうんですね。

なので、本当に必要になった時、効くはずの薬が
聞かなくなってしまうんです。

恐いけど、これが日本の現状なんです。

肉類はその個体に抗生剤を与えれば病気が防げますし
ホルモン剤を与えて育てれば、肉も柔らかく、美味しくなるので
高い値段で売れます。
高級な柔らかい黒毛和牛など、沢山使ってるんじゃないかと
思います。

話は戻りまして、卵。
もしも…鶏を自然に昔のように飼って、国産の信用ある餌
を与え育て、産れた卵は今の価値にすると
1個当たり50円~70円のコストがかかるんですよ。

それを考えると…スーパーで売られている100円代の
卵・・・。

大変恐いですね。

hana

No title
ホルモンというのは浴槽一杯の水に、耳かき一杯分溶かしただけでも劇薬なんだそうです。
通常の婦人科の治療の際も、短い検査だけで簡単に使おうとする医者はやめておいた方が良いと聞きました。
それぐらい取り扱いに注意しなければいけないものを、赤ん坊が飲むミルクに入れてしまうというのは本当に怖い事です。
やはり安かろう悪かろうでは困りますね。

小町

在特会の逮捕劇 警察の逮捕は正当か? 
“在特会” 関西メンバー逮捕は正当? 不当?

投票開催中!
http://whisper-voice.tracisum.com/?cid=2

むさし777

No title
世界中でシナという危険な国を干し上げよう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
E-mail info@musubi-ac.com

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク