終戦記念日における政府談話、日心会草案





人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

終戦記念日
終戦記念日


以下は、日心会MLに寄稿された終戦記念日にあたっての首相談話日心会草案です。

是非、ご一読ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~
『日韓併合100周年にあたって』
 
先の大戦が終わりを告げてから65年の歳月が流れました。
今あらためて、あの欧米諸国によるアジア植民地支配と勇敢に戦った大日本帝国に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります。
命を賭して戦った帝国軍人には、当時、今で言うところの韓国、北朝鮮、台湾、中国東北部(満州)出身者も多くいました。
彼らは一様に日本人であり、大日本帝国軍人であることに誇りを持ち、そして勇敢に戦いました。

当時の大日本帝国が朝鮮を併合してから100年の歳月が流れました。
当時、政治的にも不安定極まりなく内戦を繰り返していた朝鮮を、あの併合によってまともな国に築き上げた日本の先人たちの努力には、私たちは尊敬の想いを禁じ得ません。
朝鮮半島併合後、日本は、当時いまた未開で近代化されず、人民が貧困にあえぐ朝鮮を、幾多の困難を乗りこえ、日本の国家予算の多くを注ぎ込み、今日の平和と繁栄に繋がる政治システム、経済システム、科学技術供与、都市インフラ整備、子供たちの教育環境などを築きました。
このことは私たち日本人の誇りであり、そのために注がれた日本国民の皆様一人ひとりの英知とたゆみない努力によるものです。
私たちは、かかる先人たちの努力に心から敬意の念を表わすものであります。

しかし平和は、大日本帝国一国のみで維持されるものではありません。
当時、欧米諸国による帝国主義は、主にアジア、アフリカ大陸において過酷な植民地支配という形で顕在しておりました。
その頃のアジアで、独立体を保っていたのは、タイ国と日本の二か国だけでした。
そして米国の野心は我が国にもおよび、そして当時の時代の潮流に呑まれ、我が国が世界大戦という過酷な運命へと突入していった歴史を私たちは忘れることはできません。

私たちはややもすればこの現在の平和の尊さ、有難さを忘れがちになります。
私たちの現在の平和な生活は、厳しい時代を勇敢に戦い、多くの血と涙と命を捧げながらこの国の形を残してくれた我々の祖父、祖母、当時の大日本帝国の先人たちのおかげです。
そして日本国建国2600年以上前から、この国におわせられた天皇陛下のおかげであることを私たち現代を生きる日本国民は忘れてはなりません。

そして、この日韓併合100周年を記念し、現在の韓国の皆様も、現代のあなた方の経済発展や法治国家としての政治的安定は、当時の帝国軍人、官僚、そして大日本帝国国民であったあなた方の先人たちのおかげであることを忘れてはなりません。
そしてまた、日本国天皇陛下への感謝の気持ちを決して忘れてはなりません。

私たちは、世界大戦や敗戦という辛苦を二度と繰り返すことのないよう、抑止力としての軍備の大切さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。
近隣諸国の人々と手を携えることにはやぶさかではありませんが、アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、私たちは特定のアジアの国々とのみ良好な関係を保つという選択はできません。

私たちは、戦後もなお南北朝鮮、中華人民共和国に対して、莫大な人的経済的技術的支援を行ってまいりました。
しかし、これら諸国は昨今、そのような歴史的経緯を無視し、まるで自国の力でのみ現在の地位を築いてきたかのような錯覚に基づく主張が多くなされ、またあろうことか日本に対し事実無根の歴史的事象を捏造し、謝罪や賠償を要求するなどという破廉恥な国家に成り果てています。

日本政府は今後、特に近現代における日本と近隣アジア諸国との関係にかかわる正当な歴史研究を支援し、日本の正しい歴史認識の発信に努めます。
その過程で、互いに利害が相反しても、歴史的事実に基づいた共通認識がなければ、平和友好交流事業は継続が困難となるからです。

そして、我が国とこれらの国々と、真実に基づく不動の信頼関係を構築するために、日本政府は、政治的思惑に左右されることなく、歴史の真実を語り合うことが必要不可欠であるとの考えを、決して譲ことなく実践してまいります。
 
いま、日韓併合100周年の節目に当たり、そして終戦記念日である8月15日を迎えて、私たち日本の国民と、そして韓国国民が銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。

わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤ることなく、我が国の独立と東亜の諸国を欧米帝国主義政策から救うために欧米諸国との全面戦争への道を歩みました。
そして、東亜の諸国は独立を果たし、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々から多くの感謝の言葉を頂いてはおります。

しかし私は、その結果、歴史の必然とは言え、日本国を敗戦の廃墟に追い込んだ、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて七生奉国の精神に立ち返り、平和のためになお一層の努力を惜しまないことを固く決意いたします。

そしてこの歴史の中で、祖国を守るために殉じられた靖国に眠る246万余柱の御英霊の御霊に対し、深い感謝の念を捧げます。

終戦の日から65年を迎えた今日、わが国は、独善的な平和主義を排し、責任ある独立国家として国際協調に協力し、妥協を許さない弛まぬ安全保障政策の下、それを通じて、平和の理念を押し広めてまいります。

同時に、わが国は、唯一の核攻撃を受けた国としての体験を踏まえて、本年度中に抑止的核武装を構築し、その結果独裁国家の核の脅威を減弱するなど、国際的な安全保障を積極的に推進していくことが肝要であります。

これこそ、過去の教訓であり、御英霊方の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。

「杖るは信に如くは莫し」と申します。
この記念すべき時に当たり、信義を施政の根幹とすることを内外に表明し、私の誓いの言葉といたします。

日本国内閣総理大臣 署名
 ↓クリックを↓


人気ブログランキング


菅首相会見 質疑応答 No1



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
民主党を支持する愚か者には、ぜひ読んで頂きたい名文ですね。

八島

No title
韓国とは共通の価値観はありません。韓国と協力して日本国の将来を
見据えていくと本当に思っているならこの菅さんは、やはり偏った
歴史観の持ち主であること、まず日本国首相にはまったく不適格な
人材と言えます。どんな弱みを握られているのでしょうか。
現在韓国という国への戦後賠償などは完全完璧に完了しています。
日本国としては、偽証して国庫から"補償"というキックバックつき
の賄賂を流出させる政治家を国家反逆罪で処分すべきであり、
事実を偽造しては日本国を愚弄し、タカリ続ける国家には堂々と侮辱罪
への賠償を請求すべきだと思います。もっと彼らにふさわしい罪状があると
思いますが。

八島

No title
今、終戦記念日を前にして、日本国民が心に刻みつけるべき内容が全て
含まれて書かれていると思います。素晴らしいです。管という名の国籍不明の
首相を騙る人が8月15日に、日本国を愚弄する談話を世界に向けて発表する
ことがどれだけ日本国民の名誉と国益を傷つける事になるのか想像を超えるものが
あるでしょう。英霊となった方々こんな誇りの欠片もない日本国を存続させるために、世界の
笑い者になるために、散花されたわけではありません。
国民一致団結して、騙管の談話を阻止し、個人個人が日本国民としての正しい歴史観を他国人
に説明できるように準備しなくてはならないと思います。被爆されて命を失った一般民の方々
の仇を取ることも忘れてはならないと思います。"自分たちのせいで原爆を落とされた"と思って
息を途絶えていかれたと思いますか? 日本国民は覚醒すべきは今です、もう時間がありません。

-

No title
官邸に抗議してきました。
朝鮮王室儀軌(ぎき)の返還に強く反対します。『週刊新潮』の2005年10月13日号で報じられていますが、韓国とは文化財に関する問題として?日本から盗み出された、壱岐・安国寺の寺宝「高麗版大般若経」が韓国の国宝になっている問題、?鶴林寺の「絹本著色阿弥陀仏三尊像」や叡福寺の「楊柳観音像」など、未解決の不法な問題を抱えています。もし日本側が国家間条約で解決済みの文化財をお渡しするということならば、不法に韓国に持ち出された上記の文化財を引き渡してもらうことが大前提となると思います。
賢明なご判断をよろしくお願い申し上げます。


home

No title
物凄くいい文章です!
これを皆で暗記しましょう!
プリントして議員に送りつけましょう!

敢闘軍

負け犬史観全開中
犬HKでアッツ島の全滅は「玉砕」の美名の下に大本営により発表された
と報道されました。
そして、当時を生き残った兵士の方々に取材し、無謀な戦いであったという「証言」を引き出しています。
ここで問題は、アッツ島の玉砕について、事実上の玉砕命令を大本営は行ったとNHKは報道しているのですが、大本営からの「電文」は最期にあたっては
となっており、ただちに玉砕せよという命令は出ておりません。このあたりに、正確さを欠くとともに、印象操作をしている確証があります。
また、最終的にアッツ島を切り捨てたことは事実であるにしても、最初の方で、大本営からは、何が必要かアッツ島の守備隊長に聞いております。
アッツ島に従軍された方々には、今となっては言うべき言葉もなく、申し訳なく思います。
しかし、NHKの報道の仕方であると、最初から切り捨てているように聞こえますが、最期はやむを得なかったのではないかとも思えます。
最初から切り捨てる部隊に、必要な援助を聞く必要はないと思うのです。ブナも切り捨てられたとはっきりアナウンスされました。
しかしながら、放送を見ていると、最初は駆逐艦で補給を行っていたが、駆逐艦が撃沈され思うに任せなくなり、見捨てることになってしまったということが、解ります。
切り捨てている事実は、正当化出来ませんが、NHKの報道では、最初から切り捨てるつもりであるように、印象づけられます。
また、ブナの戦闘から帰還した人には憲兵がつけられていたということで、「負けた」ことへの口封じが行われていたことは解るですが、放送中にアナウンスされた、「玉砕について箝口令が敷かれた」ということは、帰還兵の方々の「証言」の中では一言も出てきません。
NHKを解体するまで、抗議・訴訟その他の行動をとる必要があると、再度確認いたしました。
大本営が無謬ではないとは思いますが、日本だけが兵士の命を軽く見ていたと、言うことを強調する、NHKの報道姿勢は醜いものであり、このことをコールセンターに抗議する所存です。FAXという方法あると思います。
以下スミス中将(硫黄島派遣部隊総指揮官)の回想録より
私はかつてニミッツ提督に云つた、「海兵隊員は日本兵と同じく喜んで祖國のために命を捨てる。海兵隊が全滅する事はあるかも知れないが、海兵隊の敗北といふ事は決してない。
私の海兵隊は最後の一兵まで戰ひ續ける。斷じて捕虜にはならない」。師團の將校達にそれを語つてから、私は強い口調で云つた、
「さういふ最後の時が來たら、生きて事實を傳える者は誰一人ゐなくなる、だが、私は最後まで諸君のそばを離れない」。(『常に諸子の先頭に在り』)
こういうことを、MHKは絶対放送しませんね。当時は兵士の命より作戦の遂行に重きを置いていたことは、他国でも同じだと思います。それでも大本営の判断が無謬であるとは思いませんが。

山河 

資料本、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』をアマゾンで一位にして情報戦争を勝ち取りましょう。
こんにちは。

★資料本、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』をアマゾンで一位にして情報戦争を勝ち取りましょう。頑張れ、日本人!

「日本はあの頃、アジアで散々悪い事をしてきた、、、」の自虐史観の洗脳を解く為の資料本『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』が今発売されました。これを一人でも多くの人に知って貰う為の周知こそが、一番、今覚醒した日本人がしなくてはならない使命だと思っています。

時間のある方は、その空いた時間を『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』の周知の為に費やして欲しいと思っています。時間がありません。

この情報戦争は日本中の日本人が「そうだ、そうなんだ日本人はアジアで悪い事などしていない、これを読めば、韓国から謝罪をして貰うほうが自然じゃないか。」と、理解できるくらいになって始めて、この戦争に勝ったことになります。

その為には先ずは何としても、日本人の怒りをアマゾンに集中させて購入させる、そしてランキング1位を獲得する事で
この情報戦争に勝利したと言えます。

道路で道を迷ったら地図を広げるように、あの当時の話が捏造にみちて持ち上がったら地図を広げるように、この資料本を広げて、将来孫に語る日もあるかもしれません。そうでなければ、日本人は次世代も自虐に満ちてしまいます。

だからこそ、一家に一冊は大事に本棚に置いて置くべき資料本で、これを十分に活用させて始めて、誇りある日本、そして日本人としての自信を次世代にもずっと受け継がれて行くことが出来ると思っています。

資料本、『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』をアマゾンで一位にして情報戦争を勝ち取りましょう。頑張れ、日本人!

花うさぎ

No title
いいですね~(^^)。

ただ個人的には、こうした重要な文面では漢数字を使うことをお勧めします。100年は百年、2600年は二千六百年に。その方が格調が高くなると思いますよ。

古いかな?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク