8月15日は靖國に行こう!





人気ブログランキング
←はじめにクリックをお願いします。

靖国神社_参道


以下は「やまと新聞」のHPからの転載です。

~~~~~~~~~~~~~
8月15日は靖國に行こう!
http://www.yamatopress.com/c/1/1/2883/

命をかけて、私たちのためにこの日本を護ってくれた英霊に会いに行こう。
そこには現実がある。

本当だったんだ。
本当に命をかけて護ってくれたんだ。

英霊は私たちを迎え入れてくれるそして素晴らしい日本を作り上げてくれと語りかける。

今度は僕らが日本を護る番だ。



音楽:明華 「空は今も青いのに」



英霊は、子孫である私たちが会いに来てくれるのを楽しみに待っています。

「いつか会いに来て下さい。靖國で待っています」
「日本の勝利を信じています」

英霊はこの国を守るため、大切な家族、子孫である私たちの幸せを願って命を捧げたのです。

私たちは感謝の気持ちを届けに8月15日には靖国へ、英霊に会いに行きましょう。
きっと暖かく迎えてくれます。
「もっとがんばれ」と声をかけてくれることでしょう。
~~~~~~~~~~~~~

尊敬と感謝。それが日本の心だと思います。

いま私たちが生きているのは、命をかけて戦い、散って行かれた英霊たちのおかげです。

その数、246万6532柱。

そのおひとつおひとつが、ひとりひとりの生きた日本人です。

厚顔にも、戦前の日本を平気で貶める日本人がいます。
英霊を辱め、日本を貶めることでゼニを稼ごうという、情けない連中です。

「悪魔」というのは、諸宗教に見られる、「煩悩」や「悪」、「邪心」などを象徴する超自然的な存在のことなのだそうです。

であるとするなら、日本を裏切り、英霊を辱め、何もわからない戦後生まれの人々に立派に戦った英霊たちを悪人とののしり、君達は悪人の子だと嘘を吹き込み、煩悩を与え、それで金儲けをし、生活する。

まさに、国内に巣食う反日者たちこそ、悪魔の名にふさわしい。

日本は、英霊たちは、世界の正義のために戦い、国際法規を守って立派に戦ったのです。
まさに彼らは、天使の武人だった。

目覚めた私たちが、英霊に感謝し、靖国を守らなくて、いったい誰が守るのか。

今日、ボクも、靖国に行きます。

 ↓クリックを↓


人気ブログランキング



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

黒犬

No title
左巻きの政治家・弁護士・学者・評論家・その他大勢が
反日利権に群がって金儲けをしています。
金の為なら売国も平気な連中。
このままでは英霊の方々も浮かばれません。
何とかしなくては。

のり

No title
翡翠さん

>玉音放送の日
これいいですね。御皇室と共にという考えの方にも受け入れてもらいやすいと思います。加えて、これで終わったという気がしないネーミングがすばらしい。

8月15日で終わりでは被占領期という認識ができなくなる人が多発する。これが我が国の正常化を遅らせる最大の原因と言っても過言ではない。WGIPの核は実はこれなのではないかと思える実に巧妙なトラップだ。

志民の方々へ

海軍壕に行きました
反日記念館の多い中
比較的まともな那覇市小禄海軍壕ですが
展示に出所不明な
コンクリートが括りつけられた
何故か裸足の『特攻隊員の遺体』の写真があったり
年表に『日本の無条件降伏』とあったりして
問題なしとは言えません

那覇市歴史博物館の様な反日負け犬史観洗脳機関ではないものの
売店には怪しい琉球新報系の反日ビデオがあったりします。

クルト

NHKで韓国に関する意見募集中
NHKで韓国に関する意見募集中
http://www.nhk.or.jp/korekara/

翡翠

No title
玉音放送の日、とでも言いたい日ですね。
戦争関連の番組などが多いのですが、どれも
日本軍絶対悪、というスタンスで、少しでも当時の日本の現状と戦争に突入せざるを得なかった事情、いいぶん、というものを報じるテレビはありません。それどころか
年々、日本への批判は強まるばかりに感じます。
今の視点で、あの時ああすればこうすれば、と
上から目線で断定するのは、虫唾が走ります。
結果がわかっているからえらそうに言えるだけで
当時はギリギリの命がけの判断の積み重ねであったのだろうと推察します。
挙国一致で、とにかく日本を守ろうとした、たとえ負けると
思っていても戦わねばならぬ、やむにやまれぬ
そういう時が一国の歴史の流れの中にはあるのです。
仰るとおり、「感謝と尊敬」を捧げることこそ
今の日本人が最もすべきであるが
多くの人に出来ていないことであると思います。

関東人

靖国に行ってきました。
日中の暑さを避けて行ったので、靖国神社に着いたのは5時頃でしたが、大変な人出でした。参道にはまだ機動隊のバスが何台か並んでいました。

そして、拝殿前の鳥居より外側まで、参拝者が並んでいて(10列位かな?)順番待ちをしていました。待ってる間にも暑さで汗がタラタラ状態でしたが、本当にたくさんの人達が来られているので、暑さなど苦ではありませんでした。

それに、南方に出征された兵隊さんは、こういう暑さの中で命を賭けて戦って下さった…。それを思うと、ただ頭が下がる思いです。

日本人

終戦記念日
いつか「13秒後のベイルアウト」でお世話になったものです。
涙ぐんだ娘も小学6年生。今ではニュースTVに関心があるようで、
「衆議院と参議院の違いわかったよ。」とか「パパは普天間問題どう思う」
など自衛隊を通して「国」という考え方が芽生えてきたようです。
これもねず吉さんのおかげです。
その節は有難うございました。

「今日何の日か知ってる?」と聞くと「終戦記念日でしょ」と
答えていました。
正確には終戦日ではないけれど、「玉音放送があった」という日は
日本国民の心にとっての本当の終戦だったと思います。
毎年、毎年、8月15日になれば戦争について何かと話題になるでしょう。
しかし国際法上の終戦日でこれほど世の中が先の大戦を振り返るでしょうか。
「天皇のお言葉があった日」をもって終戦とするという捉え方、
いかにも日本人らしい考え方であり、残しておきたいと思うのです。
夏休み、娘を靖国にさそったら遊びたいと断られました。
まだまだ幼さが残る小学生ですが、今年の冬に九州の知覧、
そして沖縄につれて行こうと思います。
なぜ冬に沖縄なのか?娘が海に気にとらわれずゆっくりと資料館などを
内覧できるかなとたくらんでいるからです(笑)

陰ながら応援してます。!!頑張ってください。

危機

さすが三原ジュン子氏
超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久参院副議長)は15日午前11時ごろ、東京・九段の靖国神社を参拝した。参拝者は衆参計41人、その中には三原ジュン子参議院議員も含まれています。売国政党所属で柔道をやっている議員とえらい差がありますね。

のり

No title
ねずきち氏

あなたのような方にこそ終戦日は4月28日であることを自覚して頂きたい。主張がまともなだけに惜しい。

保守系ブログでは「終戦記念日」という書き方はほとんど無くなってきている。それなのに戦後65年という認識が取れていないのが玉に瑕だが・・・。

我々にとって当面の「諸悪の根源」は被占領期という異質な期間だ。8月15日で時代区分をしているから被占領期が見えてこない。英霊祭だってそうです。むしろ8月15日以降こそ大恩人が「戦死」している。

ご一考頂ければ幸いです。

愛信

日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。

http://ameblo.jp/create21/entry-10464428624.html
日本というお母さんは、難産して母体を損なったが生
まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア
の諸国民が、米英と対等に話しが出来るのは、いった
い誰のおかげであるのか。 
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんが
あったためである。12月8日は、我々にこの重大な
思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な
決心をされた日である。  
我々はこの日を、忘れてはならない。
(ククリット・プラモード タイ国元首相のサイヤム・ラット
紙の記事より)

相手を騙す偽りの世界は止めて、誠実であれ! 
新しい世界は始まった。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。



博多人

御英霊に心より感謝します
地元の護国神社へ家内と参拝します。本日靖国神社を陛下を日本を反日極左集団から守る為に集結行動される方の御武運と安全を祈ります。

はる

さきほど靖国参拝してまいりました。8月15日に来るの初めてです。歴史認識もずいぶんだまされてた期間が長く、真実に気付くの遅くなりすいません。

GASGAS

No title
靖国神社に行かれる皆様の
ご検討とご無事をお祈り致しております。

-

東京駅前オアゾで展示されている「はやぶさ」の帰還カプセル見学の後、靖国神社に参拝します!

反日負け犬TVよりも
♪英霊来世は4月に沖縄県護国神社近くの体育館でミニライブをやりましたが
『九段』を演奏中に涙で声を詰まらせていました。
『これじゃいけない』と照れ隠ししていましたが
沖縄のために散華された特攻隊の英霊の方々の
真実を知っているからこそ感極まったのでしょう。

現在コンビニ等で発売中のBAMBOO COMICS『実録 神風特別攻撃隊 完全版』は劇画ですが

關行男海軍大尉

宮川三郎陸軍軍曹

穴澤利夫陸軍少尉

藤井一陸軍中尉

千田孝正陸軍伍長

中津留達雄海軍大尉

等御英霊方を取り上げていて
戦争を知らない世代にも感動を伝える一冊です。

反日負け犬TVよりも
♪英霊来世は4月に沖縄護国神社近くの体育館でミニライブをやりましたが
『九段』を演奏中に涙で声を詰まらせていました。
『これじゃいけない』と照れ隠ししていましたが
沖縄のために散華された特攻隊の英霊の方々の
真実を知っているからこそ感極まったのでしょう。

現在コンビニ等で発売中のBAMBOO COMICS『実録 神風特別攻撃隊 完全版』は劇画ですが

關行男海軍大尉

宮川三郎陸軍軍曹

穴澤利夫陸軍少尉

藤井一陸軍中尉

千田孝正陸軍伍長

中津留達雄海軍大尉

等御英霊方を取り上げていて
戦争を知らない世代にも感動を伝える一冊です。

共通一次世代

No title
最近、日常生活でしんどいことが多く、また民主党政権の為に本当に日本の未来に絶望を感じ、落ち込むことが多くなりました。そんな時、頻繁に聴くようになったのが「英霊来世」の「九段」です。

英霊の方々の「思い」を忘れてはいけない、だらしない自分でいてはいけない、日本人としてちゃんと生きていかなくてはいけない。そして心から「日本を護ってくださってありがとうございます」とお礼を申し上げたいと思う日々です。

ねずきちさん、ミヤビさん、そして靖国に参拝される皆さん、どうか、遠くに住み、行くことの出来ない私たちの分まで一緒に感謝の気持ちをお伝えください。

私も神戸の空の下から東京の靖国に向かって頭を垂れたいと思います・・。

九段/英霊来世AreiRaise
http://www.youtube.com/watch?v=41-GsLtzat4&feature=related

マカロン

13日に行ってきました
昨日今日明日と仕事なので…
韓国人とかが多くてウンザリでした

面白オカシク、日本が負けた事を見に来たのかと思うとムカつきました
(前にそういう発言を聞いたので)

遊び半分で来てほしくないし、観光地扱いもいい加減にしてほしいですね

ミヤビ

おはようございます☆
せめて私にできること。
靖国神社で英霊の方々のために
祈ることです。
こんな簡単なことさえ、ねずきちさんのブログ
日心会のお友達とめぐり合わなければ一生できなかったと思います。
参拝できない身内のすべてをを代表して、子どもと二人で参拝させていただきます。

ねずきちさん、みなさん、ありがとうございます!!

和田

昨日は…
靖国会館での集会に参加した後は夜に社民党本部前で『ヤスクニの闇に光を!!キャンドルパレード』への抗議活動を在特会・日護会主催で行いましたが反日極左集団の『反天連』を撲滅するには至りませんでした…。
今日はいよいよ九段下交差点にて護国の戦いが行われます。
どうか皆様方も日章旗、旭日旗等を掲げて立ち上がって頂きたく思います。
どうか宜しくお願い申し上げます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク