ボーイスカウトと郷中教育



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

ボーイスカウト


政治やら反日やら、このところロクな話がないので、暑いし、たまに息抜きにすこし方の力を抜いたことを書こうかと思います。

なんの話かというと、ボーイスカウト(英語:the Boy Scouts)の話です。
ボーイスカウトは、みなさんよくご存知の世界的な青少年団体です。

ちなみにボーイスカウトの「スカウト」は、女性の穿くスカートのことではなくて、Scout=斥候(せつこう)とか偵察兵の意です。
どうして斥候が青少年育成につながったかというと、その創設時のいきさつがそこにあります。

ボーイスカウトの創設者は、イギリスの退役軍人のロバート・ベーデン=パウエル(Robert Stephenson Smyth Baden-Powell)卿という人です。

バウエル卿という人は、安政4(1857)年の生まれです。
彼は18歳(明治9(1876)年)でイギリス陸軍に入隊します。
そして、軽騎兵隊の偵察と斥候術の専門家として、アフリカで歴戦した。

そして敵情を詳細に把握し、絶対に失敗しない追跡力におそれをなした敵のズールー族やアシャンティ族らは、彼のことを、「インペーサ」と呼んだ。

「インペーサ」というのは、「眠らないオオカミ」という意味なのだそうです。
それほど彼の斥候術は素晴らしいものだった。

パウエル卿は、こうした自身の斥候と、その育成体験をもとに、明治32(1899)年、「Aids to Scouting for N.-C.Os and Men」という軍人向けの斥候手引き書を作成します。

この本に書かれた斥候の「心構え」がとても素晴らしいものだったことから、彼の手引書は(軍人向けに書かれたものでありながら)全英の青少年向けの教材として活用されます。

そして軍を退役したパウエル卿は、多方面からもっと青少年の育成向けに内容を精緻にしてもらえないかとリクエストを受け、明治40(1907)年に、イギリスのブラウンシー島に20名の少年を集めて青少年育成のための実験キャンプを行います。

キャンプは大成功します。
そして彼は翌年「少年のための斥候術(原題:Scouting for Boys)」という本を出版する。

この本がきっかけとなって、本を読んだ少年たちが、英国内で、自発的にパトロール組織を形成するようになります。
パトロールだけでなく、互いに力を合わせて善行を始めた。
これがきっかけで、全英でボーイスカウト運動が引き起こされます。

実は、このバウエル卿に、乃木希典大将が会っています。

当時陸軍大将だった乃木希典大将は、明治44(1911)年、イギリス国王となったジョージ五世の戴冠式に、明治天皇、皇后のご名代として派遣された東伏見宮依仁親王ご夫妻に随行して英国に渡っています。

そして乃木大将は、英国でボーイスカウトの訓練を視察した。
そのときの案内役が、パウエル卿だった。

乃木大将は、「このようなよい制度をどのようにして創られたのですか」とパウエル卿に尋ねたそうです。

するとパウエル卿は、「あなたのお国の薩摩における≪郷中教育≫の制度を研究し、そのよい点を採り入れ組織したのです」と答えた。

この事実は、乃木大将の当日の日記に記されています。

郷中というのは、薩摩藩主島津義弘によって創設された、薩摩の青少年の若衆組です。
すでに約400年の歴史がある伝統的青少年教育方法です。

郷中は、町を4~500メートル四方の単位で区切り(これを方限(ほうぎり)といいます)、そこに含まれる区画や集落に居住する青少年を、4つに区分します。

 6~10歳 小稚児(こちご)
11~15歳 長稚児(おせちご)
15~25歳 二才(にせ)
妻帯した先輩 長老(おせんし)

それぞれのグループには、「頭(かしら)」がいます。
頭は郷中での生活の一切を監督します。

郷中のメンバーは「舎」(健児の舎)に集まり、そこで勉学、武芸、山坂達者(体育)を学びます。
指導には先輩があたる。
先輩が後輩を指導することによって、心身ともに力強い武士を育成します。

郷中教育の骨子は、つぎの8つです。

1 武士道の義を実践せよ
2 心身を鍛錬せよ
3 嘘を言うな
4 負けるな
5 弱いものいじめをするな
6 質実剛健たれ
7 たとえ僅かでも女に接することも、これを口上にのぼらせることも一切許さない
8 金銭利欲にかんする観念をもっとも卑しむ

ちなみに、ボーイスカウトにも、三つのちかい (Scout Promise) と八つのおきて (Scout Law) というものがあります。

○スカウトのちかい
1 神と国とに誠を尽くし、掟を守ります。
2 いつも他の人々をたすけます。
3 からだを強くし心をすこやかに徳を養います。

○スカウトの掟(おきて)
1 スカウトは誠実である
2 スカウトは友情にあつい
3 スカウトは礼儀正しい
4 スカウトは親切である
5 スカウトは快活である
6 スカウトは質素である
7 スカウトは勇敢である
8 スカウトは感謝の心を持つ

このスカウトの掟(おきて)は、現代版です。
もともとは、12項目あった。

その12項目の掟は、米国スカウト連盟 (Boy Scouts of America)では、いまでも使用されています。

1 誠実である
2 忠節を尽くす
3 人の力になる
4 友誼に厚い
5 礼儀正しい
6 親切である
7 従順である
8 快活である
9 質素である
10 勇敢である
11 純潔である
12 つつしみ深い

の12項目です。

言葉は違うけれど、郷中の教育に近いものがあります。

実は、イギリスと薩摩藩は、深い関係があります。

文久2(1862)年、横浜市鶴見区生麦付近で江戸から京都に向かう途中であった島津久光の行列が生麦村に差し掛かったところで、前方を横浜在住のイギリス人水兵4人が乗馬のまま横切った。

これは無礼な振舞です。

大名行列の前を、馬上で横切るなど、不届き千万。
奈良原喜左衛門ら薩摩藩の行列の警護の藩士が、たちまちこの4人に斬りかかり1人が即死、重体後死亡が2人、1名に重傷を負わせた。

イギリスはこれに厳重抗議をします。
江戸幕府は、英国の抗議に震え上がり、即時謝罪と賠償金の要求を受け入れ、翌文久3年には、賠償金11万ポンドを支払っています。

しかしこれで収まらないのが当時の欧米列強です。

英国は、賠償金を受け取りながら、さらに薩摩藩に向け、当時、七つの海を制した世界最強の大英帝国海軍の軍艦7隻を、薩摩藩に差し向けます。

そして薩摩藩に対し、犯人の逮捕処罰、ならびに被害者と遺族への賠償金合計2万5000ポンドを払えと要求した。

要求を呑まないなら、軍艦で攻撃をするぞ、という脅し付きです。

あくどい真似を、などといわないでください。
「平和的に解決しましょう。それがお嫌なら、皆殺しにするぞ」というのが、古来外交のセオリーです。

魏の曹操が、呉の孫権を攻めた赤壁の戦いも同じです。
文書を送り付け、要求を飲まないなら、大軍を持って攻め込むぞ、とやった。
三国志の時代は、紀元1世紀の出来事。
生麦事件は、19世紀の出来事です。
いまも昔も、外交というものは、さほど変わりはない。
つい最近でも、アメリカがイラクに攻め込んだのは、核施設への査察要求からです。

生麦事件に関しては、非は明らかに英国水兵側にあります。
当然です。郷に入ったら郷に従うのが筋というものです。

薩摩は、英国の理不尽な要求を退けます。

で、英国艦隊は薩摩の薩摩の錦江湾(きんこうわん)に攻め込んだ。
世界最強の7隻の常勝艦隊です。
どうみても薩摩側に勝ち目がない戦いです。

ところが薩摩藩は、藩単独でこれを迎え討ち、英国艦隊に大損害を与えてしまう。

教科書には英国勝利などと簡単に書いているけれど、薩摩藩は、英国軍の旗艦ユリアラス号を大破させ、旗艦の艦長は死亡、死者は英国63名に対して薩摩はわずか17名です。
戦闘の内容的には、どうみても薩摩側の勝利です。

これは、当時としては、まさに驚天動地の世界がびっくり仰天した大事件です。
なにせ、英国艦隊が、東亜の一地方貴族に破られた。
いまでいったら、米国の太平洋艦隊を、南方の小さな島国がコテンパンに打ち破ってしまったようなものです。
世界が驚かないはずがない。

ちなみに、この戦いのあと、賠償交渉がうまく運んだことに感謝した薩摩藩が、ご挨拶のしるしとして英国側に「みかん」を英国側に進呈しています。
お正月などに、コタツで食べる、アノみかんです。

このことがきっかけで、イギリスでは、「みかん」のことを、なんと「satuma」と言います。
日本では、おイモの代名詞のサツマが、英国ではみかんを指すなんて、ちょっとおもしろいです。

もっというと、日本の学校では、英語で日本型みかんのことをMandarin Orangeと教えるけれど、たとえば、英語版ハリー・ポッターシリーズの「Harry Potter & the Half-Blood Prince」を見ると、主人公のロンのお父さんがsatsumaの皮をむいているシーンがあって、そこには、

~~~~~~~~~~~~~~~
'"Do you remember, Arthur?" Mphf?’
said Mr Weasley, whose head had been nodding over the satsuma he was peeling.

「君は覚えてるか?」
ウィーズリー氏は、satuma(みかん)を剥きかけたまま居眠りしていたのだった。
~~~~~~~~~~~~~~~

などという記述が出てきます。
ここでいう「satuma」が、みかんです。
要するに、童話にさえsatumaと書かれるほど、satumaという単語は一般化している。

話が脱線してしまいましたが、このとき、世界を征服してきた大英帝国の大艦隊が、薩摩に敗れた事実から、英国は、通訳のジョン万次郎を通じて、「なぜ薩摩は強いのか」という原因を探り当てます。

それが、薩摩藩の郷中(ごじゅう)だった。

「郷中」というのは、徹底した教育手法でもあります。
日常守るべき規範は、それこそ各自が命がけで守りぬく。
違反した者は、即刻処罰するという厳しいものです。

初代台湾総督の樺山資紀(かばやますけのり)も、この郷中の出身者です。

この樺山資紀のことを、孫にあたる白洲次郎氏の妻、白洲正子夫人が自伝に書いているので、ちょっと引用します。

~~~~~~~~~~~~
「お前が一番焼香じゃ。さきィ拝め」
ただならぬ気配に、前田は恐る恐る進み出て焼香し、指宿の死体の上にうなだれた。
その時、橋口は腰刀をぬき、一刀のもとに首を斬った。
首はひとたまりもなく棺の中に落ちた。
「これでよか。蓋をせい」
何とも野蛮な話である。
~~~~~~~~~~~~

問答無用の絶対の規範。
一見野蛮ともみえるこの教育制度ですが、ところがこういう教育制度のもとで、はじめて人は鍛えられ、人として強くなる。
どうみても日教組教育の真反対です。

現代教育では、自由だの子供の権利だの個性化だのといいながら、結果として自由は子供たちの我がままを助長し、子供の権利は過保護を、個性化といいながら自分勝手で思いやりのない子供を社会に送り出しています。

先輩と書いてゲンコツと読む、問答無用の規範があるからこそ、子供たちは我慢を覚え、礼節を知り、規律をわきまえ、他人に対する思いやりや、後輩に対する、まさに責任ある者としての行動と心構えを日常に持つことができるようになる。

西郷隆盛が好んで使った言葉に「敬天愛人」という言葉があります。
「天を敬い、人を愛す」
まさに西郷さんらしい言葉です。

その西郷さんも、郷中の出身者です。彼は頭(かしら)だった。

現代風の軟弱な日教組教育と、郷中に象徴される絶対の規律と規範と、果たしてどちらの環境に置かれた子供が、しっかりしたオトナになるか、社会の役に立つオトナになるかは、火を見るよりも明らかです。

薩摩と同様に、幕末から明治にかけて多くの偉人を輩出した藩に、会津藩があります。
薩摩が郷中なら、会津は「什(じゅう)」です。

「什」もまた「誓ひ(掟)」があります。
子供たちは、毎日これを大声で復誦した。

~~~~~~~~~~~
一 年長者の言ふことには背いてはなりませぬ。
一 年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。
一 虚言(ウソ)を言ふ事はなりませぬ。
一 卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。
一 弱いものをいぢめてはなりませぬ。
一 戸外でモノを食べてはなりませぬ。
一 戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ。

 「ならぬ事はならぬものです」
~~~~~~~~~~~

ボーイスカウトの歴史は、100年。
郷中の歴史は400年です。

そしてボーイスカウトは、日本の郷中の文化を原点として生まれた。

もちろん、これには異説もあります。
日本を手本としたものではない、というものです。

しかしボクは、乃木大将の日記に書かれた事実を信じたいと思います。
なぜなら、乃木大将は、ウソを言うような不誠実な人間ではないからです。

ボーイスカウトとなって世界に広まりました。
まさに世界が、ボーイスカウトの理念を受け入れたのです。

そしてそのボーイスカウトの原点は、日本文化にあった。
ボクたちは、その日本に生まれました。

いまの日本は、戦後の反日思想がまん延してしまっています。

しかし、いかに時代が変わろうが、いいものは取り入れ未来に活かすというのが、やはり正しい選択といえるのではないかと思います。

捏造された韓流史観などに惑わされず、私たちはいま、日本の素晴らしい歴史や伝統に、もういちど眼を向けてみるときにきているとボクは思っています。
 ↓クリックを↓


人気ブログランキング


西郷隆盛と郷中(ごじゅう)教育 1-2



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

米好き

No title
生麦事件で斬られたのは英国商人3人とそのうち一人の従姉妹の女性ですね。。

日本人

勇敢なボーイスカウト
私は小学校2年の時にカブ・スカウト、そして中学からボーイ・スカウトへ入団していました。
手旗信号やモールス信号、ロープの使い方などその時に教わったことは、色々ありました。
また国旗の取り扱い方や国旗のたたみ方など国旗の大切さも教わりました。
風にはためく「日の丸」がカッコよく見えるために
赤い丸が100分の1左右どちらかにずれている時代もあった,
なんていう面白い話も覚えています。

その時のチーフがこんな逸話を話してくれました。
「日本ジャンボリー」の時の話なのか「オリンピック」の時なのか
今では忘れてしまいましたが、ある年に世界各国のボーイスカウト(または選手)が
朝霧高原(または競技場)に集まった時のことだそうです。
そのとき、日本の関係者がどこかの国旗を手違いで上下逆さまに掲げてしまったそうです。
誰しも国旗をおろして付け直せばいいと思うでしょう。
ところが、いったん掲げてしまった国旗を降ろして再び上げることは,
不幸や喪を暗示する意味があるのだそうです。
そこで日本の勇気ある一人のボーイスカウトがなんとポールによじ登ったそうです。
逆さまにつけてしまった国旗を下げずに旗の位置まで登り高いポールにしがみつきながら
懸命に国旗をつけ直したそうです。
この出来事、各国で話題となり「勇敢な日本のボーイスカウト」として
当時はちょっとしたニュースになったそうです。
その話をチーフから聞いたときは確か私が中学生の頃でしたが、
感動とともに国旗って大切なのもなんだと感じたものでした。

「備えよ常に」
この言葉もボーイの標語ですが、そのチーフが言うには、
「備えよ常に」」ということは何も物や備品を準備するということだけではない。
日頃から常に「国旗を大切にする心」がこの少年に備わっていたから突然のアクシデントでも、
とっさに行動が取れたのだ、と話してくれました。

こうして今振り返ると、もしこの少年の行動がなかったら賛美どころか
その国からかなりの非難があったことと思うのです。
そして何よりも思うことは、街でボーイの制服をみると
果たして今でもこのチーフのように国旗の大切さをちゃんと教えてくれる人がいるのだろうか、
いや、きっといてくれるはずだと思ってしまうのです。

この逸話、正確なことを知っている人がいたら教えてください。
何しろ、ん十年前に聞いた話なので。

-

No title
いきなりの質問で失礼致します。
ガールスカウトはどうなのでしょうか?

愛信

自衛隊が離島奪還訓練、南西諸島想定し12月
自衛隊が離島奪還訓練、南西諸島想定し12月
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100819-OYT1T00023.htm
訓練は同演習場のほか、沖縄・南西諸島
周辺の訓練海域も使って行われる。

防衛省幹部は「中国に対し、日本は南西諸島
を守りきる意思と能力があることを示す。
それが抑止力となる」と訓練の目的を説明
する。
同省は訓練の一部を公開する予定という。
【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

田母神俊雄オフィシャルブログ「志は高く、熱く燃える」

tiamat

殉職隊員の慰霊碑 小学生が清掃や献花
殉職隊員の慰霊碑 小学生が清掃や献花
静岡・島田の長島集落 子供会で代々継承 週末に、45年余も
http://www.asagumo-news.com/news/201008/100812/10081212.htm

-

No title
生麦事件、水兵ではないのでは?

日本を愛する黄金の猛虎

No title
正しい生粋の日本人に寄る強い政権を樹立しましょう。

共通一次世代

No title
日本人としてのアイデンティーとはどういうものか、今日、改めて考えました。
その上で、日本人の考える「美徳」というものは昔も今も変わらない。ただ、「欲望が増えた」あるいは「欲望をさらけ出しても良い」といいう方向に戦後なってしまったのだと思うのです。
決して日本人は「日本人でなくなった」のではない。何かをきっかけに、きっと「日本人の魂」を蘇らせると思うのです。そう思いたいです。

私の尊敬する自民党の佐藤正久議員が応援していた元空自隊員の宇都隆史(うとたかし)氏が先の参院選で当選しました。
その宇都議員の選挙前日の演説は、私が,、一番堂々と政治家に訴えて欲しいと思っていたことでした。国民に媚びる政治家ではなく、国民に訴え、国民の目を覚まさせてくれる、そんな政治家が必要だと心から思います。
自民党もたちあがれも、「日本の在り方」をもっともっとはっきりと訴えていくべきだと思います。

宇都隆史の叫び(その1)
http://www.youtube.com/watch?v=O7pRjksFTqo&feature=related

宇都隆史の叫び(その2)
http://www.youtube.com/watch?v=fT-JzdvyQI4&feature=related

宇都隆史の叫び(その3)
http://www.youtube.com/watch?v=f2pxQKwBZqY&feature=related

『命より重いものがある。』
『命を賭けてでも守らなきゃいけないものがある』

ハイテク戦争
■薩摩軍が持っていた新兵器にオランダ製の電気発火爆雷がありました。
これを錦江湾に敷設して英軍艦を撃沈しようとしたのですが、
あいにく絶縁不良で発火せず攻撃は失敗に終わりました。
しかしながら、19世紀の半ばにこんなハイテク兵器を持って戦った
英国から薩摩軍が一目置かれたのは無理もないことでしょう。

フラリ

精神力
精神力が要求される宇宙飛行士
NASAでは宇宙飛行士になる条件として最上級(イーグルスカウト)でなければならないそうです

伊58

国家観、歴史観、ありやなしや
橋本龍太郎もボーイスカウトの最上級者として育てられましたが、ハニートラップに嵌められたり、外国要人に対して臣下の礼をとるなど、ちんぷんかんぷんな行動で日本国首相の座を汚してくれました。
つまり、首相たるべき国家観とその実現手段をなんら養ってこなかったことが明らかになったわけです。
戦後の組織は、松下政経塾にしても、国家観を微妙にスルーして、外国からなんとしてでも国を守るという意識が非常に欠けていますね。
薩摩は、維新回天の業に際して組織体として機能し続けました。
郷中教育で鍛えられた下級武士と上級武士の間には、小松帯刀のような優れた人物がいて組織体としての統一性を終始維持出来たのです。
ちなみに小松帯刀は薩英戦争を指揮し、後に龍馬と共に薩長同盟および大政奉還という高度な政治を実現していきました。
当時のパークスやサトーといった英国人たちは小松の手腕と人柄を最も評価していました。
薩英戦争において血気盛んな下級武士たちは、樺山や大山にしても、スイカ売りに化けてイギリス艦隊に近づき乗っ取ろうとまでしました。
郷中教育の上級クラスは、高度な政治判断のシミュレーションとなります。
限られた選択肢の中から自分はどう行動するかを、いろんな状況を仮定して練っていきます。
自分の死が最大の効果があると判断されたら、躊躇なくそれを実行する。
ここまでのことを戦前までは各学舎で行われていたようなのです。
ボーイスカウトの郷中教育参考のきっかけは、日露戦争で活躍した陸海の人材に薩摩出身者が多く、しかも加治屋方限に集中していたので、調査したら郷中教育のシステムで鍛えられた人間たちだったと判明したから、と聞いたことがあります。
西郷は島津斉彬に抜擢され、小松帯刀と息を合わせて維新を駆け抜けました。
しかしNHKの大河ドラマ「龍馬伝」はこの辺のことがまったく描かれていません。
視聴率が下がりっぱなしなのも理の当然です。

ナギダ

元ボーイスカウトです
私はかつてボーイスカウトに所属していました。
郷中教育がモデルだったのですね・・・
調べてみると麻生元総理もボーイスカウトだったそうです
私は先輩たちからのいじめに耐えかねてやめてしまったのであまり良い思い出が無いのですが・・・

「お前はジャンケンで負けたから仕方なくいれてやった」とか「生意気」とか当時はとてもショックなことを言われ続け帰ってから泣き出してしまったのが忘れられません
もう10年以上前の話ですが

どうやらボーイスカウトにはもともと郷中の一、弱いものをいぢめてはなりませぬ が無いようです・・・
また、掟や誓いは形骸化していて守られているのかどうか私にとっては疑問です

麻生元総理への批判ではないのであしからず

イシコウ

No title
ねずきち会長、お早うございます、やはり日本の文化、歴史は素晴しいですね、最近思うのですが、世界中が色んな意味でおかしくなって来ていますが、今世界のリーダーシップを取らなくてはならないのは、日本ではないのでしょうか、ビジネス等でも、win×3 なんて聞きました、感想は三方良し だろ?当たり前じゃん、でした。
この、日本では古くから当たり前の事柄が、エコだったり、他者を労わる事や、先人を尊ぶこと、和を大切にする事、私より公等など挙げ出せばきりが無い程・・こういった事が今の世界に、日本にも必要な事と思えます。
やはり先ず、日本がしっかりとした姿を世界に知らす事ですかね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク