教育における「父性」ということ



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

高倉健0821


日心会の会員の方から、おもしろいお話を伺いました。
なるほどと感心したのでご紹介します。

それは、警察犬の訓練士さんのお話です。

訓練士さんいわく、犬は多くの場合、2か月くらいで親犬のもとを離れて、新しい飼い主に引き取られるのだけど、オス犬の場合は、5か月くらまでその犬の両親と一緒に生活させた方がいいのだそうです。

その方が、モノ覚えが良く集中力もあって訓練結果が良い。

どうしてかというと、理由は、父犬の存在なのだそうです。

生まれたばかりの子犬は、2か月くらいまでは母親のモノです。
母犬は、子犬に母乳をあげることができる。
子犬たちは、母犬の柔らかな胸と、大好きな母乳を得て育ちます。

この「柔らかな胸と、大好きな母乳」というのは、母犬だけが持つ子犬への特典です。父犬にはその真似はできない。

子犬も、小さいうちはそれほど暴れないし、母乳を飲まなければ、お腹が空くから、いきおい母犬になつきます。

ところが3か月目くらいになると、子犬は乳離れする。
食事は通常食に移り、なかでもオスはメスと違って活動的で、暴れます。

平気で片足をあげてオシッコで、あちこちにマーキングもしはじめます。

こうなると母犬ではもう手がつけられません。
なにせ母乳という特典は、もう使えないし、暴れまわるオスの子供の行動力は、最早母犬と同等かそれ以上です。

ところが、この時期に至ると、がぜん、父犬の存在が値打ちが出るのだそうです。

オスの子犬が、勝手に父のテリトリーを荒らしたり(マーキング)、危険な遊び方、たとえば強く噛みすぎる等のことをすると、父犬は、ガウッとばかり、子犬を噛み、これを制止する。

なんたってオス犬同士です。
それもオトナと子供では、そりゃあいくらオスの子犬が元気でも、父親の腕力には敵わない。

ところが、父犬にとっては、たとえ暴れても可愛い我が子です。
叱りもするけれど、当然、子犬が怪我をしないように、たっぷりと手加減もする。

それでも、息子たちにとっては、怖い父犬から叱られたら、やっぱり怖い。

この繰り返しの中で、オスの子犬は、主として父犬から、やっていいこと、いけないことの堺目を体得するのだそうです。

そして自分よりはるかに大きな「父」と戦う(笑)ことで、子犬たちには、集中力もつき、目上の犬の存在というものも覚える。

こういう経験をしたオスの子犬は、2か月でいきなり母犬のもとを離されたオスの子犬より、はるかに集中力があって、聞きわけもよく、犬の訓練士の命令もいちはやく覚えるのだそうです。


一方、メスはどうかというと、メスは何カ月で親元を離されたかということよりも、よく訓練の行きとどいた同性(メス)の犬の集団に放り込むのが一番、訓練成果が出やすいのだそうです。

訓練士以上に、先輩のメス犬たちが、その子をしっかりと教え込んでくれる。

考えてみると、なるほどそうかもしれなくて、メスの子犬は、オスと違って大人しいので、ハナから父犬に叱られるようなことをしません。
だから、オヤジに叱られることもなく、母犬に上手に甘えて育ちます。
つまり、あまり父犬の影響を受けない。

ところが、犬も人間と同じなのでしょうね。
メスは仲間とのコミュニケーションを大切にするから、ちゃんとした同性の先輩がいると、その先輩の影響を受けて、尻癖も訓練もちゃんとできるようになる。


これは、すごいお話だと思いました。

犬と人間をいっしょくたにするなと叱られそうですが、人も犬も同じ哺乳類です。

動物行動学は、そんな動物の行動から、ヒトの行動を探ろうとする、立派な学問分野です。

子は、父と母、両方の影響を受けて育つというのは、よく知られた話です。
しかし考えてみると、生まれたての赤ちゃんは、やはり母親のモノです。
父親だって我が子はかわいいけれど、母には敵いません。

赤ちゃんにしてみても、父や爺の固い胸や腕に抱かれるより、そりゃあふかふかな母の胸のほうが気持ちいいだろうし、母乳ももらえるとなれば、なお一層、母が良い。

こういうところは、オトナも同じです。
学校の鉄棒の上より、自宅のふかふかソファーの方が、断然気持いいし、飯を食わせてくれる人、つまり給料をくれる人には、自然となびきます(笑)

ついでにいうと、ヒトの女性の経産婦は、二の腕に振袖のように肉がつきますが、これは、抱っこしたときに、赤ちゃんの頭部をやわらかく保護するために、そのように進化した結果なのだそうです。

まあ二の腕の話はともかくとして、丸太のような固い父さんの腕に抱かれるよりは、そりゃあ母ちゃんの柔らかな胸に抱かれる方がいい。

要するに授乳期の赤ちゃんは、やはり母のものです。

ところが、だんだん子供が大きくなり、言葉を解するくらいの年齢になってくると、特に男の子においては、父の存在がとても重要です。

とにかく男の子は、幼児のうちから、女の子と比べて、とにかく行動的です。
暴れまわるし、モノも壊す。落書きもするし、ちょっと目を離すと、どこか遠くに行ってしまう。

母が、食事や抱っこの特典を与えようとしても、遊びに夢中になった男の子は、まず言うことなど聞きません。

こうなると、父親の出番です。

まず第一に、父は、こわい!(笑)
幼い男の子よりも、はるかに行動力もある。足も速ければ力も強い。
怒れば、怒鳴るし、ポカリとゲンコツも飛んでくる。

せんじつめてみれば、母は子に、やわらかさや、やさしさ、笑顔、食事などの特典を供与できる。

これに対して、父は、強さとゲンコツです。

そうはいっても、まだまだ子供のすることです。
暴れまくるといっても、タカが知れている。
そして父や爺にしてみれば、我が子、我が孫はかわいくて仕方がないから、やはり一定の手加減がそこにある。

暴れることと、叱られること。その繰り返しの中で、子供は、ここまではやっていいけれど、これ以上やったら、叱られる、特にオヤジには、ポカリとゲンコツを食らわせられるという、怒られることと、怒られない境界線、すなわち社会的制約を自然と身につける。

社会的制約というのは、ある意味、道徳観や、社会的規範の原型でもあります。

そもそも道徳観や社会的規範というのは、子の行動に制約を加えるものですから、子にとっては、決して楽しいものじゃない。
なんでも好き放題できるわけじゃなくて、これ以上はやってはならないというタブーを強制するものなのですから、楽しくないのは当然です。

こうした楽しくないことの矯正は、メリット供与型の母ではなく、デメリット供与型の父の仕事です。
そして、こうした道徳や社会的制約を身につけることで、人は社会性を身につける。

とくに男の子の場合、ほっておけば好き放題に暴れまくるものなのですから、いっそう、父や爺による矯正や強制が大切なものとなります。

子供が悪さをしていて、それを制止しなければならないときに、「あらま、行けない子ねえ。ささ、こっちへおいで。抱っこしてあげるわ」
これでは、子供は、悪さをすれば抱っこという報酬をもらえると勘違いしてしまいます。

これに対して、基本、父親に抱っこしてもらっても、丸太に抱かれるようなものですから、決して気持ちいいものじゃない。爺に至っては、枯れ木に抱かれるようなものです。

父は、抱っこの変わりに「コラッ!」と叱るし、それでも言うことを聞かなければ、しまいにゲンコツが飛んでくる。

母は子にメリットを与え、父は子にデメリットを与えると言いかえることができるかもしれません。

しかし、そのデメリット、すなわち体罰を含めて、力の強いオトナが叱るということが、実は、男の子の成長にとっては、欠かせないファクターになる。

現代の学校教育においても同じです。

昔の学校と違い、昨今の学校では、とにかく体罰禁止、子を叱りつけることも禁止というけれど、その結果、授業中に私語が絶えない子供に、先生が「廊下に立ってなさい!」というと、モンスター親が登場して、「ウチの子になんてことするんですか!」とやられるようになった。

廊下に立っていたはずの子供が、どこかに消えちゃいでもしたら、こんどは学校の責任問題です。

もはや先生としては、授業中に後ろの席の子供とぺちゃくちゃやっている子供に、「ねえ、先生のお話、聞いてくださいね」と、「やさしく、お願い」するしかないという本末転倒の状況となる。

お願いされたって、子供は、特に男の子は言うことなど聞くものではありません。
先生のお願いより、そりゃあ授業をほったらかして友達としゃべっている方が楽しい。

こういうときは、「バカモン!」と子供を一喝するしかないのです。
あるいは、それで言うことを聞かなければ、ビンタをくらわせるしかない。

先生のビンタなんてのは、最初から手加減してくれているのですから、実社会にある暴力に比べたら、そんな軽いものは他にありません。

要するに、現代教育にもっとも欠けているのが、こうした「父性」なのではないかと思うのです。

「父性」は、「ゲンコツ」であり「体罰」です。

授業中に後ろを向いてぺちゃくちゃやっている子供がいれば、コラッ!とばかり、ポカリとやる。

それでも言うことを聞かなければ、後ろに立たせて、往復ビンタです。

言い聞かせてわからない子供には、体でわからせる。
特に男の子には、何が正しくて、何がいけないのかは、体でわからせるしかない。

「叱るよりほめろ」では、悪いことをしたら褒められる。かまってもらえる、と、まるで間逆を子供たちに教えることになってしまう。

本来なら叱られるべき時に褒められる、すなわち自分が認められる。
そういう環境で育った子は、自己正当化のカタマリになってしまう。

ずる賢く自分を正当化する癖がつくのです。
そりゃそうです。
悪いことをしたのに、褒められ、メリットを与えらるのです。
そんなことが習慣化したら、それが自分の中で「正しいこと」と誤認されるようになる。
本当は、人に迷惑をかけたのに、それを咎められると、自分の中では正当化しているのに、社会と乖離が生まれ、もうそこから逃げるしかなくなる。
遊んでいても褒められるのですから、当然、怠け者になるし、それを咎められれば、すぐにキレる。
やらなければならないことでも、それが面倒くさいことなら、しないし、無理にやらせても、すぐに疲れたと文句をいい、あげくの果てに自分ができないのは、人のせいだと言い始める。

なんでもかんでも「他人のせい」というところに、他人への思いやりなんて生まれません。

要するに、「叱るときは叱る」という父性があって、はじめて子供(男の子)は、忍耐を覚え、苦痛を忍んで努力することを覚え、めんどくさいこと、人が嫌がることをしなくなり、人のせいにせず、自分で問題を解決できるしっかとした男子に成長する。

この成長に欠かせないのが、「父性」というものなのではないか、と思うのです。
要するに「父性」が持つ

とりわけ、こいうことは、小学生くらいのうちにしっかりと教え込んでおかないと、男の子が高校生や大学生くらいになって、図体もでかくなってくると、取り返しがつきません。


一方、女の子はどうかというと、男の子ほどには、暴れたり悪さをしたりしないので、それなりに「母性」からの叱りや励ましで、社会規範や道徳観をちゃんと身につける。

やはり男の子と女の子では違うのです。

戦後左翼は、ジェンダーフリーなどと称して、男も女も一緒だ、なんてやってますが、そんなのは空理空論です。

誰がどうみても、男と女は違う。

体つきも違えば、精神の作りも違う。

男は男らしく。女は女らしく、という言葉は、現代日本では、すでに死語になっている様相ですらあるけれど、いまいちど、男女の教育の在り方について、考えてみる必要があるのではないかと思います。

 ↓クリックを↓


人気ブログランキング


特別攻撃隊<最後の手紙>



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

No title
まったく同意です。
父親は強く怖く、そして優しくなければいけないと思います。
そしてある意味では格好よく憧れるような存在でありたいです。

No title
図式的すぎると思いますね。父権主義は西洋の思想で日本の風土には合わないでしょう。

-

No title
おはようございます
この記事引用させてください!!

パン大好き♪

-

No title
教育における男女の違い、興味深く読みました。男女の違いを
脳の構造から解き明かした本を紹介します。
黒川伊保子著、「恋愛脳」、新潮文庫
一応恋愛に絞ったテーマになっていますが、家族愛や友情、
教育にも踏み込んでいます。男女がすれ違う、その根本的な
理由について迫った良書です。

愛信

【朝鮮半島の統治国の歴史】 万年属国から独立まで
【朝鮮半島の統治国の歴史】 万年属国から独立まで
【日韓】 植民地支配の謝罪を要求するが、歴史は正確に知らない韓国人 ~「併合は何年に行われた?」の正答率わずか15.4% [08/14]

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1281783360/
ちなみに韓国人は真面目に今でも自分の
国を支配してたのは唯一日本のみと思っ
てる。 だからあれだけ目の敵にしてる。
【朝鮮半島の統治国の歴史】 万年属国か
ら独立まで
紀元前108年~220年:漢(植民地)
221年~245年:魏(植民地)
108年~313年:晋(植民地)
314年~676年:晋宋梁陳隋唐(属国)
690年~900年:渤海(属国)
1126年~1234年:金(属国)
1259年~1356年:モンゴル(属国)
1392年~1637年:明(属国)
1637年~1897年:清(属国)
1897年:下関条約により清の属国から開放
される←←←←←←ココ重要
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2352.html
1903年:ロシア朝鮮半島を南下。
日本の尽力によりロシアの属国化を回避
1905年~1945年:日本(保護国、併合)
1945年~1948年:アメリカ(非独立)←←←←←←ココも重要
1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による
朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)
1948年:軍事独裁政権誕生
1948年:済州島4.3事件 3万人虐殺
1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い
1950年:保導連盟事件 30万人虐殺
1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺
1951年:居昌事件 8500人虐殺
1979年:軍出身の大統領政権誕生
1980年:光州事件 600人虐殺
1993年:初の文民政権誕生←←←←
←←韓国は民主化してまだ15年しかたって
いない
1997年:アジア通貨危機・国家財政崩壊に
よりIMFに土下座
関連記事
【★厳選!韓国情報★ 】★日韓の学生が
ソウルで共同宣言を発表!「日本の謝罪」
や「日韓共同の歴史教科書の使用」を要求
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/5296532b30bed55bd2a38b4ab98b0317
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

-

No title
まったく同感です。
子供に教育するでなく子供のご機嫌伺いしている学校教育もおかしいと思います。
<「叱るときは叱る」という父性>
最近の父親は子育てにかかわらない人が多い、だから母親が父親役もやるし、息子の超えるべき壁にもならなくてはいけなくなっている。

サンダーバード

狂犬への対処
めん鶏が鳴けば国が滅びるといいますが、戦後65年、特アという子犬に対し、きちんとしつけができないまま肥大化させてしまいましたね。自制心とか敬意というものが育たないまま、友愛という母性?にたかられ放題です。もはや子犬でない彼らを、いまさらしつけるとかお灸をすえるとかの段階ではないですよね。
日本が父性を発揮出来ない以上、こんな状況を打開するのに手を貸してくれる真の友人がいればいいのですが…。それ以前にまず目の前にある危機を認識する確固とした主体性を育まなければいけませんね。気がつけは我々日本人が子犬だったなんて、笑うに笑えません。

愛信

民主党代表選で渡部氏「小沢氏出馬は起訴封じ」 擁立論を牽制
民主党代表選で渡部氏「小沢氏出馬は起訴封じ」 擁立論を牽制
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100821/stt1008211258004-n1.htm
鳩山由紀夫前首相が小沢氏を招いて長野
県軽井沢町で開いた懇親会に、同党議員
約160人が集まったことには「(小沢氏への)
ごますりで恥ずかしい。

民主党には反日売国国会議員が160人も
居る、大多数の国民の意思に反する売国
詐欺師を速やかに排除するためには、現在
の野党から総理大臣を選出して組閣後、
即刻先の参議院選挙及び反日売国政党
民主党に308議席をもたらした衆議院選
挙の開票集計不正操作の選挙違反や
期日前投票の不正を摘発して犯罪の再発
防止策を確立して解散を行い厳正な選挙
管理体制の下で総選挙を行い日本国民
有権者の「信」を問へ。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

rinrin

No title
知り合いの方に教えていただいて飛んできました。
いいお話ですね。今は犬より人がした。私も日本は男系だと思っています。家族の長が父、国の長が天皇陛下。
父親を尊敬する心で家庭、家族がなりたっているのだと思います。本能でできる犬は凄いですね☆

山河 

姫路城の前にある戸井田とおる先生の「丸坊主サロン」で、 戦前の朝日新聞朝鮮版の研究に基づくお話をしに行きますので、 お近くの方でお時間が御座いましたら、
こんにちは!

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-116.html
水間さんの講演会です。

姫路方面の方、是非ご参加ください。
宜しくお願いします。

抜粋~~

★今日は、姫路城の前にある戸井田とおる先生の「丸坊主サロン」で、
戦前の朝日新聞朝鮮版の研究に基づくお話をしに行きますので、
お近くの方でお時間が御座いましたら、どうぞ参加してください。

お待ちしております。
丸坊主日記:
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/
小坊主日記:
http://toidakatudou.tenkomori.tv/
(地図有ります。)
日時 8月21日(土)14:00~16:00

☆菅首相の「売国談話」に国民が批判の意思表明できる簡単な方法は、
何が何でも同書を販売したくないアマゾンの総合ランキングを最低でも一週間
一位を、力ずくでも勝ちとることなのです。


その有効な実行日は、8月27日深夜に「朝まで生テレビ」で「日韓併合100周年」を
、取り上げるであろうから、8月23日から8月29日がベストです。

その次に、意思表明できる有効な一週間は、臨時国会が始まると 思われる9月30日からの
一週間が狙い目になります。


いずれにしても、国会で閣議決定に加わった閣僚には、地獄を見ていただかなければなりません。

その時には、数百万人の反対署名より効果的な答弁を引き出して戴けるように、
質問資料を準備しますので、皆様方に於かれましては、一人でも多くの友人に同資料本の存在を、
口コミ(メール)で広げて戴けたら幸いです。

共通一次世代

No title
とても興味深く読みました。
「二の腕」はちょっと笑いました。次男坊が小学生の頃までよく触ってきて、4年生の頃、私が仕事を始めて腕にちょっと筋肉がついたとき、「もとのぷよぷよのほうがいい~」とよく言われました。、

「本能的なもの」はやはり変わらないのだと思います。
教育が間違った方向へ行けば、その元々の「本能」とのギャップに心身ともについていけなくなるのではとも思います。

スポーツ競技の中で、始め「男子」だけで、あとから「女子」にも種目が出来たものはたくさんあると思いますが、私的に「どうしてもこれだけは女子の種目を止めて欲しいと思ったのが「重量挙げ」です。前回の五輪の時、競技を見て、女性の体が壊されるような怖さを感じました。筋トレで行う分にはまだいいのでしょうけれど、どうしても受け入れられない気持ちです。こう思うのは私だけかも知れませんが・・。

教育の場で、特攻隊の方々の遺書に触れ、、読む機会をぜひ作って欲しいです。彼らの言葉を心に刻むことが出来れば、日本人なら、きっと「日本人である自分はどうあるべきか」を目覚めさせることが出来ると思います。「戦争はいけない」とか「世界平和」とか言う前に教えるべきことがあると強く思います。この二つは逆に避けるべき言葉ではないかと思うようになりました。

民主党の中井は拉致担当相でありながら、「めぐみさんは高校生の時、仕事帰りに拉致…」などと子供たちの前で言い放ったそうですね。
絶対に許せません。

【中井担当相、大丈夫? 「めぐみさんは高校生の時、仕事帰りに拉致…」】http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100820/crm1008201723028-n1.htm

国を守る気などさらさらないのです。
そして鳩山の別荘に集まる吐き気のする集団。
あの同じ場所に、ついこのあいだはテロの犯罪者が招待されていた。

民主党には「キチガイ」という言葉しかもう思いつきません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク