世論調査では日教組を支持しないが86% 中山成彬代議士は議員辞職の必要なし!



「日教組は解体しろ!」日本のタブーが表面化? 中山成彬代議士は議員辞職の必要なし!
(livedoorニュース)

livedoorが行ったアンケート調査で、なんと結果は、

 日教組を支持する  14%
 日教組を支持しない 86%

圧倒的多数の国民が、中山成彬元国土交通相の「日本の教育の『がん』である日教組をぶっ壊す」発言を、「問題」でなく「正論である」と受け止めているということではないかと思います。

日教組の何が問題かというと、これも中山成彬代議士が言うとおりで、
「一部の日教組がらみの教職員が子供をダメにしている」
その理由は、
「(彼らが)教育より政治を大事にしている」
ということではないかと思います。

日の丸反対!
君が代反対!!

日教組の主張は、日本という国家は、ほっておいたら軍国主義化して悪いことするから、キミタチ、国を愛しちゃいかん!!というもので、卒業式に日の丸を掲げるだけで、大問題に発展!!なんてことが過去なんどもありました。

ねずきちのいた学校もそうでした。

子供のころは、
難しい理屈はわけわからないし、
たぶん先生がいうことは正しいのだろうし、
強いもの(学校側)と戦う!!なんて、ちょっとかっこよい気がしたし
だから、単純に、日の丸って、イケナイもの、君が代ってイクナイものって、思ってました。

でもね・・・
ねずきちのようなバカ者でも、この年になってわかったことがひとつあります。

そういう考え方は、間違ってるって。

だって、国といったって、ひとりひとりの個人の集合体でしょ??
ボクもこの国に住む、ひとりの個人です。
その個人が、人を愛すること。。。級友や、友人、恋人、子を愛すること。。。
それって、イケナイコトなの??

愛する子から、愛されること・・・それって、つまり親を愛すること。。
級友たちを愛する気持ちは、そのまま、学校を愛する気持ちになるし、地域を愛する、育った故郷を愛する、育った国を愛する、世界を愛する、地球を愛する。。。
みんな同じ“愛”だと思うんです。

ちなみに日本語では、愛も、好きも、同じような意味に使われますが、英語圏では、この両者の語感は明確に異なります。

I love my hometown. (私は故郷を愛してます)
といえば、その人にとって、故郷(ふるさと)は、自分の「内なるもの」としてかけがえのない大切なもの、という意味になります。

I like my hometown.(私は故郷が好きです)
といえば、その人にとって、その故郷は、自分の外側のもの・・・単に好みにすぎないもの。。。というニュアンスになります。

友を愛すること、人を愛すること、その愛は、地域や、故郷や、国や地球を愛することにつながります。
愛って、とってもおおきなものだと思うのです。

友を愛しなさい。学校を愛しなさい。だけど、国は愛しちゃいけません!@@?

国を愛さないってことは、国によって作られた教育制度を愛しちゃいけない。
その教育制度によって作られた学校を愛しちゃいけない。
学校にいる人々を愛しちゃいけない。
友を愛しちゃいけない。
親も子も、恋人も、みんな愛せない。。。。

その結果何が生まれるか。。。個人主義。。。自分さえよければいいという考え方。。。だって、そこにしか生き場がない。
社会を否定するから、社会からも否定されてひきこもりがおこる。
大事なのは自分だけだから、他人をイジメルことが悪いことに思えない。
いじめられている同級生がいても、自分さえよければいいのだから、見て見ぬふりをする。
自分さえよければいいのだから、会社の幹部になったら、へいきで部下の首を切る(リストラ)。
国を否定するから、国の文化も否定する。文化否定だから、歴史に学ぼうともしない。そもそも歴史から目をそむける。。。。


日の丸・・・いいじゃないですか。白地に赤く日の丸染めて。
ものすごく単純明快な国旗で、すてきじゃないですか。
日本は、和の国、おおきな和を大事にする大和の国。和は輪でもあります。
なんの曇りもない真っ白な地に、真っ赤な和。
燃える心と、曇りなき(私心なき)心。。。

すばらしい国旗です。
誇りです。


君が代・・・・いいじゃないですか。
君が代は、千代に八千代に
さざれ石の、巌となりて
こけのむすまで

さざれ石って、出雲大社にある、ちいさな小石がかたまってできたみたいな岩です。

自分は小さな小石にすぎないけど、
君のために、みんなで力をあわせて
苔におおわれるまで(つまり永遠に)君を守り続けます

ここでいう「君」は、友人であり、恋人であり、親兄弟であり、学校であり、会社であり、地域であり、国家でもあります。
ちっちゃな自分が、生涯をかけて、大好きになった恋人を守りぬく。

いい歌じゃないですか^^


日教組の政治的・思想的な活動を支持しないという人の意見。

■中山議員の引退発言には少々がっかり、マスコミ他の批判に臆することなく敢然と戦ってほしい
■日教組の問題点を報道しないメディアも問題
■中学時代、大分で過ごしましたが当時は「そんなものかな」としか思いませんでしたが今考えると最悪の教育を受けました。
■教職員組合は労働者の保護を考えたときに必要不可欠だが、日の丸君が代反対の立場は支持できない。
■批判能力のない洗脳されやすい子供に日教組の偏った考えを押し付けるのはやめてほしい。
■日教組の子供は答案用紙に名前だけ書いておけば自動的に教員採用試験に受かるという話を何度も聞きました。 心底、腐れ切っていて特権階級だと言わんばかりに傲慢な態度をとる人もたくさん、いる

そのとおりと思います。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

中山前大臣が 次の選挙で当選すれば 教育行政に一石


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

百さん、コメントありがとうございます。
ですです!!
ボクも誇りに思ってます^^v

初めてコメントします
君が代の君の解釈は諸説あるみたいですが、私はどの君も誇りです

ねずきち

鯱美さんコメントありがとうございます。
他人を「絶対悪」だって決めつける人って、たいていの場合、その人自身が、自分は「絶対正しい」って思ってるんですよね~~
ものごとって、なんでもそうですけど、
正しい部分もあり、まちがった部分もあり、
必ずしも絶対なんてことないと思うんですよね。
ようするにどっちが合理的解釈になるかって程度の違いじゃないかと思うんです。
ただ、日教組は、あまりにも政治的に偏向しすぎ。どうにも愛がない、と感じています。
長文のコメントは、大歓迎です。
ぜひまたきてくださいね^^

鯱美

もっと言ってくださーい!
弧愁庵人さんのサイトから参りました。
始めまして。

まるで溜飲を下げるような記事を書いてくださり、ありがとうございます!

日本は歴史がある国。
中国4千年といえども殺戮の歴史により、統治者はころっころ変わっています。
それに比べ日本は、天皇家に拝謁となれば、イギリス王家を跪かせ、ローマ法王が来日するほど格式高い。

天皇家がいるおかげで、政府の外交のマズさも大目に見てもらえているというもの。

日本の国旗の「日の丸」は、赤心。
嘘偽りの無いありのままの心です。
君(天皇)だけでなく、親を敬い、子を慈しみ、隣人を助け、恋人を愛する。。。
まさにそんな心だと思います。

あ、だからこそ嘘偽りだらけの教師は歌いたくないのかな?(笑)。

仲が良かった友人が教師でして、頑張っている姿を応援していたんですけども、
病気になって休職することになりまして、見舞いに行ったら
『これで給料もらえちゃうんだから辞められないよねー』とあっけらかんと言い放ちました。
その時は病気なら仕方ないとも思いました。
その1年後、友人はピンピンしているにもかかわらずまだ休職中。

「アンタのその給料は税金なんだからね!」と思わず言ってしまいましたが、
「当然の権利でしょ」と。
それ以来連絡をもらっても一切無視しています。

わたくしは愛知県在住ですので、愛知の事情しか知りませんが、愛知県の公務員は雇用保険を払ってないんですって。
理由は「(美味しい仕事なので)辞めないから」

ちなみにこのバカ教師も『君が代』反対を訴えていましたが、理由を聞くと「日教組」が言ってるから、、、っと。

まったく言葉もありませんでしたね。。。

日教組は
君が代=天皇崇拝(旧帝国主義)=絶対悪
と考えるのかもしれませんが、
現在、自分達が絶対悪であることを知るべきだと考えます。

長々とすみません。
また寄らせていただきます。

ねずきち

どくまるさん、コメントありがとうございます。
コメント読んで、ちょっと調子に乗って、君が代のことで、トピ書いちゃいました^^;

どくまる

んー、奥が深い
君が代にこんな奥の深い意味があったなんて・・・
知らなかったわー。
今まで何もわからず聞き流してただけだった。
いい歌なんだけど・・・
オリンピックとかで流れると他の国の国家が明るいので、ちょっとテンション下がってたりもしてた(笑)
でも今思えば、逆に「日本らしさ」がでてていいのかなとも思った。

ねずきち

うわばみさん、コメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!
すごいですね^^
ボクも教員になればよかったかな^^;
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク