韓国保守派の嘆きと憤慨



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

崔三然氏
崔三然氏


産経ニュースで、韓国人である崔三然(さい・さんぜん)氏へのインタビュー記事が掲載されました。

崔三然氏は、昭和3(1928)年に朝鮮半島北部の感興生まれ。戦後、韓国空軍に入隊、朝鮮戦争を戦った英雄です。

韓国空軍の要職を歴任して空軍大佐で退役し、現在は日韓両国をはじめとする幅広い世界的人材交流に取り組んでいる方です。

以下、原文をそのまま掲載します。

~~~~~~~~~~~~~~
【日韓併合談話】日本の謝罪などいらない 韓国保守派の嘆きと憤慨
2010.8.28 07:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100828/plc1008280701006-n1.htm

日韓併合100年にあたっての菅直人首相の談話について、日本統治時代を知る元韓国空軍大佐の崔三然氏(81)がインタビューに応じ、

「これは日本の首相としては失格だ。かえって互いの信頼を失う結果になる」

と危惧の念を表明した。

主なやりとりは次の通り。
(聞き手 軍事ジャーナリスト・鍛冶俊樹氏)

――8月10日に菅首相が日韓併合100年にあたっての談話を発表しました。これについての考えは

これは日本の首相としては失格ですよ。
日本人としての立場を弁えていない。

併合から100年、戦後65年も過ぎたのに、今さらどういうポジションでああいうことをしゃべっているか、さっぱりわかりません。
もうこれは日本の終末ですね。

――内容的には1995年の村山富市首相談話の繰り返しだとも言われるが

いやもっとひどいですよ。

村山談話は単なる謝罪であって、そこから共生を目指すともいえる。
菅談話は、その次に出て来るものは日韓基本条約の無効ですよ。

そもそも植民地というのは15世紀から始まりました。
近現代史というのは人類における植民地時代だともいえる。
世界中至る所、植民地だらけでした。

――確かに世界史の地図帳を見るとその通りですね

アフリカなどは植民地時代が終わっても貧困からなかなか抜け出せない状態です。
では植民地から近代的な経済発展を遂げたのはどこですか。
韓国と台湾ですよ。
ともに日本の植民地だった所です。

他に香港とシンガポールがありますが、ここは英国のいわば天領でした。
インドは英国の植民地として代表的ですが、インフラが整備されておらず、なかなか経済発展ができなかった。
今、インドは経済発展しているといわれますがそれでも1人当たりのGDPは890ドル、識字率も64%に過ぎません。

――韓国と台湾は日本統治時代にインフラが整備されていたと

戦前、鉄道、水道、電気などの設備は日本国内と大差なかった。
これは諸外国の植民地経営と非常に違うところです。

諸外国は植民地からは一方的に搾取するだけでした。
日本は国内の税金を植民地のインフラ整備に投入したのです。
だから住民の生活水準にも本土とそれほどの差がありませんでした。

――教育はどうでしたか

私は日本統治時代の教育も受けました。

当時、日本国内で行われていた学校教育と差がありませんでした。

また日本の陸軍士官学校には朝鮮人の入学を認めていました。
当時の諸外国では自国の陸軍士官学校に植民地の人間の入学を認めたりしませんでした。

つまり日本は教育においても差別をしていなかった。
当時の諸外国は本国と植民地を明確に差別していました。
植民地とは搾取の対象として経営するものであって差別されて当然でした。

日本は差別をしないように併合したわけで、いわゆる諸外国の植民地支配とはまったく違っていた。

――諸外国こそ謝罪すべきなのに日本ばかりが謝罪しなければならないのはどういう訳でしょうか

今ごろになって植民地だとか侵略だとか言っていますが、これには中国の戦略が背景にあるのです。
中国の戦略は日本の再起を不能にし、日本が韓国や台湾と連携するのを阻止することです。

――そういえば日米同盟や米韓同盟はあるのに日韓同盟や日台同盟はありません。
日韓などは米軍基地の位置関係からみれば事実上同盟国といっていいほど近接しているのに同盟条約は結ばれていません


日韓同盟こそ中国や北朝鮮が最も恐れている同盟です。
だからこれを抑制し妨害するために中国は全力を挙げています。
それに対して日本は対応を誤っていると言わざるをえません」

――日本が謝罪をしないから両国の溝は埋まらないなどと言っていますが、村山談話以降も日韓関係も日中関係もかえって悪化しました。
韓国は竹島の領有化を進めてきましたし、中国も前よりも一層、歴史認識問題を持ち出すようになりました


日本人は謝れば、韓国や中国、北朝鮮が許してくれると思い込んでいるようですが、大きな間違いです。
はじめから狙いは別の所にありますから、もともと許す気などない。

中国の大戦略は日米韓の連携を極力抑え込むことです。
だから歴史問題をことさら大きく見せかけて大ぼらを吹く。

私が勉強した所ではそのどれも大した問題ではない。

たとえば東京裁判のA級戦犯は日本の国内法で赦免されている。
赦免された以上、もはや犯罪人ではありません。

つまり日本にはA級だろうとB級、C級だろうともはや戦犯はいないのです。

にもかかわらず、A級戦犯が合祀(ごうし)されているから靖国神社に行くなと言うのはこじつけです。

講和というのは過去とけじめをつけることです。

日中平和友好条約とか日韓基本条約を結ぶということはこれで過去の問題を清算し仲直りをするという約束であり、過去を蒸し返したりするのはおかしいのです。

――日本政府は韓国への「補償」問題を見直そうとしているようです

日韓についていえば、過去のあらゆる補償問題は解決済みです。
だから見直す必要などない。

ところが日本人は潔癖症だから相手が少しでも文句をいうと、また謝って金を出そうかという話になる。

――潔癖症がかえってあだになっているわけですね

日本人の道理とか正義感は大陸ではまったく通用しません。

――具体的にはどういうことでしょう

日本人の持っている倫理、正義、道徳、順法精神などは人類普遍の価値であり、とても秀でています。

日本国内ではこれらの価値は尊重されよく守られています。

ところが日本を一歩外に出ると泥棒や詐欺師がいっぱいですよ。
そのことに日本人は気付いていない。

――韓国では、どうですか

朝鮮半島はいまだに南北に分断されたままです。
つまりいまだに戦争状態です。

だから北朝鮮はしきりに韓国に対し政治工作を仕掛けます。
そういう状態を日本の政府はどれだけ理解しているのか。

そこを理解せずにただ日本が頭を下げても日韓は決して仲良くなれません。
日本が頭を下げると日本の体面は丸つぶれになります。

大陸や半島では体面やメンツはとても大切なものでこれを失えばどんどん侮辱されます。

――日本では体面とかメンツという言葉はもはや死語ですね

日本では頭を下げれば謙虚な人だと尊敬されますが、大陸や半島ではどんどんやられます。
結局日本人は内心、韓国人を嫌うようになります。
かえって互いの信頼を失う結果になります」

――そういえば最近のことですが、こんな話を聞きました。
ある日本人の女性社員ですが、韓国の会社との契約をまとめるのに成功しました。それは良かったのですが、商談が成立した途端、韓国人の男性社員が『日本は過去の問題について謝罪していない。けしからん』とまくしたてたそうです。
相手は大事なお客さまですから言い返すわけにもいかず、黙って聞くより仕方がなかったけれど、内心韓国をとても嫌いになったそうです。
そのことを年輩の日本人男性に話したところ『だから韓国とは付き合わない方がいいんだ』といわれたそうです。


それこそまさに中国の思うつぼです。
中国の戦略の狙いはそこにあるのですから。

――日本はやたらに頭を下げるべきではないわけですね

世界的にみると植民地支配を受けた側には恨みや憎悪もありますが、逆に宗主国に尊敬の念を抱く場合もあります。

インド人が英国文化に尊敬の念を抱いたりします。

台湾や韓国でも『あの時代はカギも掛けずに夜寝られた』という年輩の人はたくさんいます。

しかし若い世代はそんな時代は知りませんから、憎悪の感情だけが先走ってしまう。
つまり日本が謝罪するとこうした日韓の根底にある古き良き思い出が消されて、憎悪だけが残るのです。

日本だって米国に原爆を落とされ、占領されて米国に対する憎悪の感情はあるでしょう。
しかしそんな過去の恨み節ばかり言っていたらどうなりますか。
日米関係は悪くなりますよ。

――そういえば最近、米国に原爆投下の謝罪を求める動きがありますね

中国はとにかく日本を孤立させようと躍起です。
ああいうやり方は結局中国のためにもならないと思いますが、中国は外国を抑え込むことばかり考えていて、自国を改革しようとはしません。

――中国国内にも問題山積なのに、その認識すら危うい感じですね

北朝鮮問題でも陰にいるのは中国です。
中国は6カ国協議の議長国ですが、この協議で何の成果がありましたか。

北朝鮮に核ミサイルを開発する時間と支援を与えただけです。
そして北朝鮮が韓国の哨戒艦を撃沈して40人以上の韓国人が犠牲になったのに、中国の反対で国連で制裁も課せられない。

こんなやり方をしていたらやがてどこの国も中国を信用しなくなりますよ。
こんなやり方はかえって中国の足かせになるのですが、そこを中国は理解できない。

――そういえば米国の中国への対応も変わってきたように感じます。
南シナ海でベトナムと合同軍事演習をやり今度は黄海で韓国と合同軍事演習をやると言っています。
中国は反発していますね。
ついこの間まで中国に気を使っていた米国ですが、ここに来て様変わりです


韓国でも実際は中国の脅威をひしひしと感じているのですよ。

――北朝鮮と中国の関係はどうなんでしょうか

今北朝鮮を支配している連中は、要するに中国の馬賊・匪賊(ひぞく)ですよ。

――そうなんですか

金正日の父親の金日成は戦前、満州人として育ったのです。
本名は金聖柱、朝鮮語よりも中国語の方が堪能で、匪賊として荒らしまわっていた。

1945年に朝鮮北部を占領したソ連軍によって、すでに抗日の英雄として伝説になっていた金日成将軍に仕立て上げられたのです。

つまり偽金日成です。

本当の金日成将軍は私たちが少年時代に朝鮮北部でうわさを耳にした人物ですが、当時33歳の若造だった金聖柱のはずはない。

本当の金日成は日本の陸軍士官学校を21期で卒業して後に独立運動に転身した金光瑞だといわれています。

――旧ソ連が抗日英雄伝説を利用したわけですね。

中国にいたチンピラみたいのが今の北朝鮮を支配しているのです。
だからまともな政治などできるわけはないし、経済はメチャメチャです。

ところが韓国の今の若者の中には北朝鮮にだまされて正しい政権だと信じている者が少なくないのです。
嘆かわしい限りです。

――親北派ですね

そうです。

世論の動向次第では親北派が主導権を握り北朝鮮中心の南北統一もありうる情勢です。

もしそうなったら大変なことです。
これを阻止するためにも日韓は連携を強めなければいけないと思います。

――今日はありがとうございました

~~~~~~~~~~~~~~

要するに対日工作の背後には、中共がいる。
このことを、私たちもしっかりと頭に叩き込んでおく必要があると思います。

そして中共にとって、非常にやっかいなのは、日米韓同盟が成立すること。

中共にとって、日本を完全に骨抜きにすることと、日韓を離間させる工作は、まさに軍事活動であり、戦争行動そのものであるということです。

 ↓クリックを↓


人気ブログランキング


戦略・情報研 日韓併合100周年 崔三然氏 2



日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

yukiko

No title
西尾幹二・金完燮(キムワンソプ)著
 日韓大討論

鄭大均・古田博司著
 韓国北朝鮮の嘘を見破る

いずれの著書にも崔三然氏の話を裏付けるような指摘が多く語られています。

日韓併合について前述の金完燮氏は
人口調査、土地調査が開始され治山治水、灌漑設備を整えて農業の生産性を向上させ工業施設を整備し教育を普及させ向上させました。また官僚制度司法制度を導入し道路、鉄道、港湾、電力設備などいわゆるインフラ整備が行われたわけです。これは「朝鮮を食べる」と言う意図にもとづいた ものではなくて「ここは日本だ」と考えたからこそ可能になったものだったと思います

と述べています。

強制したかのように言われる創氏改名についてもその実態についてきちんと検証されています。

ここに書かれていることはほんの一部でしょう。
日本悪者論に立った戦後の教育がいかに杜撰で弊害の多いものだったか、真実を知る国民が少ないことをみても明らかです。

日本、韓国お互いに歴史の真実を謙虚に受け止めてこそ信の友好が成り立つのではないでしょうか。

yukiko

No title

西尾幹二・金完燮(キムワンソプ)著
 日韓大討論

鄭大均・古田博司著
 韓国北朝鮮の嘘を見破る

いずれの著書にも崔三然氏の話を裏付けるような指摘が多く語られています。

日韓併合について前述の金完燮氏は
人口調査、土地調査が開始され治山治水、灌漑設備を整えて農業の生産性を向上させ工業施設を整備し教育を普及させ向上させました。また官僚制度司法制度を導入し道路、鉄道、港湾、電力設備などいわゆるインフラ整備が行われたわけです。これは「朝鮮を食べる」と言う意図にもとづいた ものではなくて「ここは日本だ」と考えたからこそ可能になったものだったと思います

と述べています。

強制したかのように言われる創始改正についてもその実態についてきちんと検証されています。

ここに書かれていることはほんの一部でしょう。
日本悪者論に立った戦後の教育がいかに杜撰で弊害の多いものだったか、真実を知る国民が少ないことをみても明らかです。

日本、韓国お互いに歴史の真実を謙虚に受け止めてこそ信の友好が成り立つのではないでしょうか。

-

こういう冷静な韓国人が増えれば、韓国の事を好きになれるかもしれないのにな。

K

No title
韓国にもいるんですね、冷静な方が。たしかに日韓が激しく対立すると喜ぶのは中国ですから、日本の保守派には、こういった親日派の方々と協力して日韓関係もよい方向に向っていってもらいたい。反日の韓国人ばかりが横行している現状は絶対になんとかしないといけないと思います。

Suica割

No title
たまに北海道を譲る代わりに台湾を日本固有の領土とする工作がなされていたらと思うことがある。
その上で、朝鮮半島中国領で妥協が成り立てばすごくいいのにと思ってしまう。

-

理知的な対応の継続を
日本でさえ、「売国サヨク」「反日日教組」というどうしようもない連中がいますが、もちろん我が国の国民はそのような屑ばかりではありません。
むしろ、屑は少数ですし、外国工作員(特に中国)の暗躍もあります。

少し前まで「拉致事件は存在しない」「北朝鮮は素晴らしい国」などと、バカな事を公言していた売国政治屋もいました。

韓国も、程度の差はあれ、状況に類似点があるようですね。
もしかすると、韓国政府(または現・与党)の意思と民団の思惑は、少し違うのかも知れません。

管直人総理の「土下座談話」を聞いた反応で、韓国大統領は「真心のこもった談話だ。評価する。」というスタンスだったのに対し、韓国マスコミや民団は「真心がこもっていない。あまり評価できない。」という反応を見せていました。
この辺が一つのポイントかな、と見ています。



とはいえ、今すぐ日本と韓国が手放しで信頼しあえるような間柄では無い事は、確かでしょう。
(竹島、今までの反日行為助長、在日の犯罪など懸念事項は山ほどあります)

こう言うと語弊があるかも知れませんが、韓国一般国民は自国の真実の歴史を直視出来得る程、強くはなく、それ故却って「自国の誇り」に敏感な面がある事は、我々としても踏まえておく必要があるでしょう。
だからと言って、変な譲歩はむしろ両国間の関係にマイナスですけど。

互いに理性的な対応を継続していくのが、最も無難かと思いますが、いかがでしょうか?

竹心

韓国人にも良識のある人が居た!
記事を嬉しく読みました。
識字率が低い事が原因で、知性は低いという事を聞いていました。真意の事は解りませんが、今回の記事を読んで韓国の中に光を見ました。日本の教育をうけた事が生きていたのですね。
日本の漢字を早く復活し漢字辞書を作ることです。ハングル文字だけでは知性が伸びません。
先日韓国の若者が日本に住みたいといっていましたが内心好きになれませんでした。
年間300万人も観光に行く日本人が居るようですが、日本人は日本の良さを知らないのでしょうか?日本を愛して、日本の旅館を再興させて上げて欲しい気がします。
最後に、ねずきちさんありがとう。良い気付きを貰いました。竹心

愛国志民

★金日成は偽物だった
北朝鮮の『金日成は偽物だった』ということで、
平壌で終戦を迎えた故・名越二荒之助先生が、
ソ連侵略軍に連れられて乗り込んできた
『金日成将軍』こと金聖柱なる若造を見て
朝鮮の人々が口々に『あんな若造が金日成将軍であるわけがない』と
笑っていたと言われていたことを思い出しました。

ke-go

No title
この通りですね。
日本の総理閣僚、与党の連中に聞かせてやりたい話ですね。

1949

どこの国も
長女が韓国ソウルで一年間研修留学をしてきた。
当初、親として大変心配したが宿泊先の家族も
反日でも何でもなく日本が好きと良くしてくれたそうです。

私もアメリカや欧米に行きましたが、どこの国にも
泥棒も浮浪者もいれば優しく親切な人もいる・・・

いまは、まだ国家の体を成しておりませんが
自分が生まれ生かされている、我が日本に誇りを持ち
胸を張って生きれるようにしたいものですね^^

自分の国を誇りに思える人が幸せになる!・・・です^^

手取川

金日成の話
戦時中、我が家は父が関東軍に勤務していた関係で、満州にいました。 金日成の話は当時の満州に住む人々は誰もが知っていたとか。 またその名前を名乗る馬賊も幾つかあったそうです。 母は北朝鮮の金日成は別人だと、かねがね言っておりました。なぜなら年齢が合わないとか、人相や背格好がまるで違うと。
 本物は惚れ惚れするほど良い男で、決して民間人には手を出さなかったそうですよ。 馬賊と言っても数千、数万の単位で、韓国が主張する独立軍のような、数百人とは規模が違うんですね。 おそらくソ連軍に処刑されたと。
 独立軍などソ連にとっては邪魔になれこそすれ得にならないわけですから。 
 日本の外交下手は戦前からです、正攻法でしか出来ないのには少々歯がゆいのは誰しもそう思うが、私はそれでいいと思う。  中国や韓国は日本が妬ましい、羨ましいのです。 この二つの国はアジアの独立に何らか関わっていないから。 

日本男児

崔三然氏の記事を読んで
私も産経の記事を読みました。
 このような韓国人が多数派を占める状況になれば、日韓関係の改善が期待できます。
 記事の中で「金日成はニセものだ!」は新しい発見だ!
 もちろん、証言には確認すべき内容もあるが、「本物の”金日成”は大日本帝国陸軍士官学校 21期卒業の金光瑞だと云われている」を読んで、私の調査・検証課題が出てきたのは嬉しい!

-

選択的夫婦別姓導入の危機 男女共同参画局パブリックコメント(意見募集)8月31日締め切り
記事と関係のない内容ですみません。他のブログで気になるコメントを見たもので転載させていただきます。
--------------------------------------------------------------------
「男女共同参画基本計画」に「夫婦別姓推進」が盛り込まれる。 (日本会議HPより)
http://www.nipponkaigi.org/opinion/archives/1292
特に「夫婦別姓が必要である」と、大きく踏み込んだ提案も見られます。
 
しかも、最近(25日)に判明したことですが、予定では「基本計画素案」が秋頃に公表され、国民に意見提出のチャンスが与えられるはずでした。しかし、内閣府男女共同参画局に確認したところ、現在募集している8月31日に締め切られるパブリックコメント(「計画に盛り込むべき具体的施策についての提案」)をもって最後とし、秋以降には実施しないといいます。
 
通常は、「基本計画素案」を発表した後、国民から意見公募を行い、閣議決定するという手順を踏むが、今回は、この手順は踏みません。男女共同参画局担当者は、「関係閣僚会議はあと一回しか開かない」「計画内容に関する議論はほぼ出つくしているので、今後は事務局で粛々と進めていく」と語っているといいます。


http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-2967.html#more
上記のブログに「第3次男女共同参画基本計画にあたっての基本的な考え方」の第2分野と第11分野についての問題点と意見例があったので参考にして8月31日必着締め切りで打ち切りになってしまうので早急に意見をして下さい。
4.提案の提出方法及び提出先
(1)メールフォームによる提出(締切日までに必着)
 ご提案を提出したい分野を、以下からお選びクリックして下さい。
第2部重点分野
第1分野政策・方針決定過程への女性の参画の拡大
第2分野男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革
第3分野男性、子どもにとっての男女共同参画
第4分野雇用等の分野における男女の均等な機会と待遇の確保
第5分野男女の仕事と生活の調和 
第6分野活力ある農山漁村の実現に向けた男女共同参画の推進 
第7分野貧困など生活上の困難に直面する男女への支援 
第8分野高齢者、障害者、外国人等が安心して暮らせる環境の整備 
第9分野女性に対するあらゆる暴力の根絶 
第10分野生涯を通じた女性の健康支援 
第11分野男女共同参画を推進し多様な選択を可能にする教育・学習の充実 
第12分野科学技術・学術分野における男女共同参画 
第13分野メディアにおける男女共同参画の推進 
第14分野地域、防災・環境その他の分野における男女共同参画の推進
第15分野国際規範の尊重と国際社会の「平等・開発・平和」への貢献 
第3部推進体制

内閣男女共同参画局
第3次男女共同参画基本計画に盛り込むべき施策に関する提案募集について
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/teianboshu.html

-

No title
ほぅ。韓国人の方にもまだこれだけ気骨にあふれた人が残っておられるとはなぁ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク