• 科学的であること、論理的であること


    ※次回の倭塾は5月21日(土)13時半から富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。
      https://www.facebook.com/events/1562897727462643


    歴史は科学です。
    どこまでも事実に基づき、それを論理的矛盾がないように事実関係を再構築する。
    それは、実は、犯罪捜査とよく似ています。

    20220518 科捜研の女
    画像出所=https://www.telasa.jp/series/11029
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    高層マンションの脇で遺体が見つかった。
    骨折の様子からビルの屋上からの落下による死亡であることが確認されたが、遺体現場の血痕はあまりに量が少ない。
    また、遺体の落下位置が、建物から離れすぎている。
    当初は自殺と見られたが、遺体の衣類に付着している微物には、屋上の修復現場に用いられるコンクリート粉が検出されたが、そのビルで同種のコンクリートは用いられていない。
    また、死亡推定時刻には、遺体のあった位置のすぐ脇にトラックが停められていた。

    以上の状況から捜査を進めたところ、遺体は屋上の修復中の別なビルから落下したものであり、その屋上から遺体の血液と、別な人物の血痕が見つかり、言い争いから被害者は屋上から下に停めてあったトラックの荷台の上に落下し、配達中の運転手は、遺体を乗せたまま当該マンションまで移動し、カーブのところで遺体が荷台から落下したことがわかった・・・なんて、よく刑事ドラマなどで描かれたりします。

    「科捜研の女」というドラマは、高視聴率番組だったのに、最近打ち切りになったのだそうで、たいへんにもったいないことだと思うのですが、TERASAという動画配信サービスで、過去の番組を見ることができます。
    自分は、テレビはあまり観ないので、番組では観たことがなかったのですが、過去番組をそのサービスで視聴するようになり、たいへんおもしろい、よくできた番組と感じるようになりました。

    というのは、その事実が指し示す真実が別に解明された事実と異なるときに、その矛盾点がなくなるように努力して微細な事実から真実を解明する、そんなストーリーだからです。

    あの人が犯人だと、誰か権威や権限のある人が言っているというのは関係ないのです。
    どこまでも証拠となるものの「すべて」が合理的かつ論理的に「つながった」とき、そこに真実がある。
    そういうことを、毎度、ドラマの中で明確に主張しているからです。

    これは歴史に対する態度にも共通することであろうと思います。
    どこかの教科書に書いてあるとか、どこかの大学教授が本に書いているとかは、歴史の解明に意味を持たないのです。
    そうではなく、どこまでも事実にのみ焦点を当てていく。
    すると、これまで言われてきた定説とは、まったく別な歴史の姿が浮き彫りになることがあります。

    我が国における歴史学も、もともとはそういうものであったのですが、戦後、GHQの公職追放以後、反日的な解釈を(事実を無視して)歴史に適用することで、大学教授のポストを得る、あるいは出版社として一定の社会的地位を得るといったことが行われた結果、何かを主張するときには、なぜか必ず、誰のどの本に書かれていることであったのかを明確にしなければ、論にならないという、おかしな習慣が常識化しました。

    一方において、焚書が行われ、一方において、反日的な本に関しては、それを書証にした論文でなければ意味を持たないとされたわけです。
    それでまともな論説が生まれるはずがありません。

    歴史は科学です。
    どこまでも事実に基づき、それを論理的矛盾がないように事実関係を再構築する。
    それは、実は、犯罪捜査とよく似ています。


    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

  

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク